2014年4月25日 (金曜日)

相模原公園のネモフィラが満開! 2014年

明日(4/26)から日曜日まで「スプリングフラワーフェスティバル」が開催される相模原公園ではクヌギゲートからみんなの花壇・きらめきの流れ付近園路の右側の丘斜面に45000株の「ネモフィラ」が今見ごろを迎えている。ネモイフィラはハゼリンソウ科の一年草で15cmほどの草丈に青や白い花をつける。一本々は愛らしい花であるが、これだけ丘斜面を埋め尽くし絨毯化した集合美は幻想的でまるで海原か、宇宙を見ているようでもある。なんとも心癒し和ましてくれる花だが花の命は短くて・・・で今月いっぱいで見納めとなる。(1404)Nemophila0401
Nemophila0408
Nemophila0409
Nemophila3294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水曜日)

引地川公園ふれあいの森のチューリップ 2014年

大和市草柳に公園入口の土手には見ごろを迎えそうな赤と白の「芝ざくら」がお出迎えしてくれる「引地川公園 ふれあいの森」はある。緑の木立の先の「ふれあい広場」脇にある大花壇には赤、白、黄、ピンクと行儀よく咲き誇っている13000本のチューリップが今満開を迎えている。その花壇に近寄ってみると甘い香りが匂ってくる。「博愛」、「思いやり」、「名声」が花言葉のチューリップの余にも美しく可憐な魅力に引き寄せられ、花撮好きのカメラマンや可愛らしい園児たちなど大勢の花見客で賑わっていた。(1404) ⇒次の画像 Hikijigawa0062
Hikijigawa0084
Hikijigawa0128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水曜日)

相模原の桜名所を巡る旅

春爛漫、桜の季節となった。今日は相模原にも何ヶ所ある桜の名所巡りの旅に出掛ける。すでに七か所は満開となり今最も華やいだ光景を見せている。この幻想的な美しさを見せる桜は人の心を、目を虜にし、いつまでも観ていたい飽きさせない不思議な魅力・魔力を有している。儚い桜の命、もう数日で桜吹雪となり、地面は桜絨毯で覆われる様もまた風情がある。(1404)                                             ①相武台相模原線の相模原浄水場の近くにある「下溝古山公園」はスポーツグランド兼雨水貯水池であるが周囲には50本以上の桜がまるでドームのように満開を迎えていた。Furuyama1727
②57号線/弥栄高校信号を右折した市道の「弥栄高校通り」は市役所さくら通りに劣らない桜並木・回廊を創り出しており美しい。Shido_yaei1731
③16号の右手にある「鹿沼公園」の桜は淵野辺の名所。池の周囲に植えられている桜が咲き乱れその重みかだろうか、しなるように池面に映し出されている。
Kanuma1746
④「村富神社」は矢部の鎮守、境内は満開の桜で埋めつくされており、中でも富山から移植されたコシノヒガンザクラは有名である。
Muratomi1754
⑤市の中心地「市役所さくら通り」では市民桜まつりが4/6開催される。既に本ソメイヨシノは満開を迎えていた。展望室から空撮してみた。Sgh_city1771
⑥相模原公園の裏にある「フィッシングパーク跡地」には白やピンク、赤、枝垂れといろんな種類の桜があり見事なグラデーションを形成していた。Fishing1790
⑦市最大の「相模原麻溝公園」では桜の本数はやや少ないながら他の樹木との彩り、美しさを際立たせていた。Asamizo2838

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金曜日)

都内の桜開花始まる!!

九段下駅に降り立つと微かに桜花の香り。奇しくも武道館では明治大学の卒業式が行われるようで正装した学生が集結桜の下で撮影中。25日、「靖国神社」の標本木で数輪の桜花を確認され都内の開花宣言がなされたばかり。ここ「千鳥ヶ淵お濠」、「緑道」も全体的には蕾状態、しかしお濠に張り出た枝や品川弥二郎像のそば、靖国通りの数本の木に白い可憐な花弁を広げた桜を見ることができた。ここ「千代田のさくらまつり」は3/28から4/6まで開催される。靖国神社の参道は祭りに向け出店の準備中であった。Chidorigafuchi1264
Chidarigafuchi1278

また「青山霊園」は少し膨らみかけて今にも開花しそうでいたが、まだ殆ど蕾状態であと数日は掛かりそうである。Aoyama1363
永田町へ足を延ばすと「弁慶橋」脇に数輪開花した一本があった。「清水谷公園」の池の脇にある一本は良い日差しを受け開花が進んでいた。Bebkeishimizudani1320

四谷外堀土手」はまだ蕾状態で数個膨らみかけていた。今週土曜日頃には都内の桜も見ごろを迎える予感。(1403)Chidorigafuchi1331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月曜日)

恩田川の桜 2014年 開花状況その1

恩田川には400本のソメイヨシノ桜が両岸を覆い尽くす桜の名所として知られている。今年2月には2回も大雪に見舞われ寒い日が続いたが、今月に入って20度近い暖かい日もあり少しだけ春めいてきた。「恩田川のさくらまつり」は今月29日(土)と30日(日)開催予定である。まつりを前にまだ早いと思ったが開花は如何かと行ってみると、一本だけ早咲きの木に数個蕾のものがあった。思わずシャツターを押した。気象庁の予報では25日か26日頃開花するのではと報じている。桜回廊、トンネル形成される祭りの日が今から待ち遠しい限りである。(1403)次の画像 Ondagawa520
Ondagawa6427
Ondagawa0789

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火曜日)

新磯「ざる菊花見会」 前撮り 2013

磯部(勝坂歴史公園の近く)に「新磯ざる菊園」がある。今年も10月27日からこの地域の秋の風物詩「ざる菊花見会」が始まった。ざる菊というネーミングは「ざる」を伏せたようにこんもりと可愛らしい丸い形をしていることからそういわれている。「あしがらユートピア」(南足柄)より苗を譲り受け愛好家と住民60名で始め今年で5年を迎える。緩やかな斜面に赤、白、黄色、紫のざる菊が昨年より増え1300株が綺麗に植えつけられている。訪れた日は黄色のざる菊がほぼ咲き揃っていたが、赤、ピンク、白、紫はまだこれからという感じであった。あと数日たてば見頃を迎えそうである。新磯の花の名所としてとして知名度も上がり、昨年は鑑賞に12000人が訪れたが、今年はもっと増えそうである。11/4(日)開催式典が予定されている。(1310)Zarugiku0894Zarugiku0903
Zarugiku0928
Zarugiku0910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金曜日)

かにが沢公園 彩る曼珠沙華

暑さ寒さも彼岸までの言葉通りやっと涼しくなり秋の訪れが感じられるようになったここ座間の「かにが沢公園」で「曼珠沙華」(彼岸花)が咲き始め色づいてきた。公園西側の350㎡の敷地斜面を5万個超える赤や白の曼珠沙華が彩っている。曼珠沙華は「天上の花」という意味らしいが、仏教の経典では「おめでたいことが起こる兆しに、赤い花が天から 降ってくるという。彼岸花(曼珠沙華)の花言葉は「あきらめ」、「悲しい思い出」、「恐怖」、「再会」、「情熱」、「独立」といろいろあり、柿本人麿は万葉集に「路の辺の 壱師の花の いちしろく 人皆知りぬ わが恋ふる妻」と詠っている。まっすぐ伸びた茎の先端に鮮やかな線状の花を咲かせる曼珠沙華は秋を代表する花である。(1309)Manjusshage0271
Manjusshage0264
Manjusshage0268
Manjusshage0256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土曜日)

バラで彩られた旧古河庭園 バラフェスティバル 2013

東京都北区西ヶ原に豪壮でおしゃれな建物、和洋の庭園、大正の息吹に触れられる空間と言われている「旧古河庭園」はある。。外観はルネサンス調で、煉瓦造りの躯体を新小松石の野面石積みで覆う造りで大正6年竣工。洋館南側にはイタリア式とフランス式の庭園が見事に組み合わされ配置されている。バラ園には約90種180株の華やかで気品あふれるバラが甘い芳香を漂わせ咲き誇っている。見ごろを迎えてた今、園内は「バラフェスティバル」が開催されている。(5/11~6/9まで)。白いバラは故ダイアナ妃の名がついている「プリンセスオブウェールズ」、黄色のバラは「サハラ'98」である。重厚な洋館を眺めながら春バラの観賞と撮影は優雅で贅沢なひと時であった。(1305) 次の画像Furukawa5924
Furukawa0330
Furukawa0332
Furukawa0338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土曜日)

相模原北公園 咲き乱れるバラ 2013

相模原市緑区下九沢にある「相模原北公園」の「東フロント入口」と階段状に流れる「花木園」では80種、1900本の「バラ」がいま色鮮やかに咲き乱れあたり一帯に甘い香りを漂よわせる花の世界を創り上げ見頃を迎えている。花姿といい、花びらの数・形といい、多彩な色彩といいバラは人の目を魅了し心惹き寄せるなんと美しい花なのか。(1305)Sgh_kita_park0153
Sgh_kita_park0244
Sgh_kita_rose0240
Sgh_kita_rose1660
Sgh_kita_rose0183
Sgh_kita_rose0179

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水曜日)

相模原公園 瑠璃色に輝くネモフィラ 

相模原公園の「みんなの花壇」横のゆるやかな丘斜面(約1000㎡)には3万株の「ネモフィラ」(メンジーシ)が見ごろを迎えている。スカイブルー色&瑠璃色の小さな花が地面を覆うように咲き、宝石を敷き詰めたかのような輝きを魅せている。宇宙の星を見ているような美しさである。20cmに満たない白いぼかしの空色の5弁の小さな花だが、この総合美は人の心、目を惹きつける。今月いっぱいはこの可憐な花を楽しめそうである。(1304)Nemophila_0121
Nemophila0141
Nemophila_0117
他の開花画像は「ゆとりライフpartⅡ」

http://sagamitayuu.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-f041.html を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧