2011年3月26日 (土曜日)

機上からの下界(空撮)

旅とは写真することである!!

熊本空港を飛立ち安定飛行に入ると機内の窓からは綺麗なうねりを見せる山並みと果てしない雲海が広がる。一万メートル近い高さを飛んでいることが実感できる。一時間半のフライト、いよいよ千葉方向から羽田空港へ着陸態勢に入ると眼下には「アクアライン=海ほたる」が見えてくる。車が動いているということは地震の影響はなさそうである。上空より被災地の一日も早い復興を祈らずにはいられない。(1103)Kuusatu1358 Kuusatu1359 Kuusatu1361 Kuusatu1365 Kuusatu1375 Kuusatu1376 Kuusatu1378 Kuusatu1367

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金曜日)

2010年の旅立ち!!

旅は人生という価値の深層へ向けての一歩である!!

未知の旅地での出会いを求めて始まる今年の旅人生。感動と感激のたび写真をお届けしたいと・・・。近くの神社でその初祈願を。(1001)Pph546 Hatumoude

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木曜日)

今年の旅=足跡について

2009年の旅も数々の思い出とともに終幕!!

振り返ると今年はコバルトブルーの海とスカイブルーの空が美しかった沖縄から旅が始まった。2月とは言え南国ならではの汗ぱむ真夏日の暑さであった。首里城・美ら海水族館は思い出のひとつ。3月は熊本へ。阿蘇の雄大な景色と草原の懐に抱かれた。4月は伊勢志摩へ。伊勢神宮の内宮外宮、ともやま展望台、御座白浜海岸、映画の舞台にもなったという大王崎灯台を回る。善光寺の御開帳、高遠公園、上田城跡の満開桜、5月は都内の庭園公園、お寺を、6月は山形の山寺と上杉神社、福島の五色沼へ。8月は吹割の滝、9月は自然の彫刻美の長瀞、曼珠華の絨毯巾着田、秩父のSL乗車、10月は大涌谷、千石原のススキ、芦ノ湖の箱根へ、そして華厳滝と紅葉の日光、11月は養老渓谷・粟又滝と東京湾ナイトクルージング、登山者が世界一の高尾山そして薬王院の紅葉、12月は政権交代が起きた国会議事堂へ初訪問、そして日本の国立大学の代表である東京大学の校内を見学、都内の根津神社、湯島聖堂をはじめ神社仏閣を。ことしの旅で得たものは?改めて旅は人生を心豊かにするキャンパスであり、真の知識の泉であるということを実感。(0912) 2009soukatu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日曜日)

機上からの山並み(空撮)

旅の足は時として旅客機なしでは果たしえないもの!!

3月の後半とはいえアルプスの山々はまだ雪に覆われている。それがまた美しさとなって機上の旅人を魅了しているのかも知れない。(0803)Dsc04432a Dsc04436a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月曜日)

夏の海

旅には果てしない海原ような広角的視野が不可欠である!!

東京湾~太平洋、訪れた日の海は様々な表情を見せてくれ、久しぶりに夏を実感する。(0708)Dsc03821 Dsc03822_3

Dsc03849 Dsc03845

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月曜日)

富士山へ

旅とは挑戦であり自己実現の場である!!

今日、日本の最高峰富士山(五合目)へ行く。四季折々、日々刻々めまぐるしく変化する天候なりの表情を見せてくれる富士の景観はもちろん、信仰の「神の山」としてあがめられ、我々日本人の心のふるさとであり、シンボル的存在だけに、早く世界遺産の文化遺産登録が望まれる。その眺望素晴しき富士の頂上を目指す外国の登山者の多さに驚いてしまう。 できうることなら一度は登らなくては・・・・ 。(0608) Fuji02215 Fuji02217

Fuji02220

| | コメント (0) | トラックバック (0)