2013年7月 7日 (日曜日)

富士山-世界文化遺産巡り

嬉しいことに先月富士山が「富士山-信仰対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録・決定された。日本の中央に聳える富士山、その美しい品格を有した姿は日本のみならず世界に名峰として知られている。その富士山域と噴火による堰止湖の富士五湖、七つの浅間神社、忍野八海、白糸の滝、三保の松原などが構成遺産となった。今日は「本栖湖」、「西湖」、「精進湖」、「河口湖」、「山中湖」の富士五湖、富士山の雪解け水が湧水となっている湧泉群(8か所)をつくりだしている「忍野八海」、富士山の噴火を鎮めるために建立された「河口浅間神社」と25の構成遺産のうち7個を巡った。世界遺産となったことで多くの人が訪れていたが後世に引継ぐ覚悟も持たなければならない。(1307)Fujisekai_isan0608
Fijigoko0373
Fijigoko0396
Asamaoshino0467

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日曜日)

空撮=機上から日本列島

隆起珊瑚礁喜の島「喜界島」上空、初めて撮ることができた伊勢湾に浮かぶ「中部国際空港セントレア」、何度見ても美しい雪化粧した「霊峰富士山」、羽田に着く前の「駿河湾海岸線」久々の機上からの空撮。(1301)Kikai1759Centrair2219Fuji2234Cimg2216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水曜日)

身延山奥之院展望台からの山景

ロープウェイで身延山山頂へ。奥之院を参拝した後、山門出て右に折れ展望台へ上っていくと東に富士山、南に駿河湾伊豆半島、西に七面山、安部山系、北に早川渓谷、南アルプス連峰、八ヶ岳連峰、甲府盆地と雄大なパノラマが広がる。幾重にも重なった山系の美しさ地球創造の一端をを見た思いである。(1201)Cimg1273
Cimg1274
Cimg1278Cimg1276
Cimg1280Cimg1279

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土曜日)

身延山から富士山を拝む

身延山久遠寺=奥之院思親閣参拝するため山麓・久遠寺駅から標高1153mの身延山山頂(奥之院駅)まで7分間のロープウェイびととなる。車窓から雪化粧した霊峰富士の山頂が顔を見せてくれる。山頂展望台から真東に仰ぐことができる富士山は日本最高峰の独立峰でその、その姿を目の当たりにすると優美さ雄大さに見惚れてしまう。拝むという言葉からも古来より霊峰とされ、富士信仰として崇められ親しまれ、多くの人々を惹き付けている。かの葛飾北斎も富嶽三十六景「身延川裏不二」を描いている。一度は登拝をの思いがあるが、そのチャンスは訪れるであろうか?(1201)Mount_fuji1212
Mount_fuji1215
Mount_fuji1225
Mount_fuji1229
Mount_fuji1233
Mount_fuji1235
Mount_fuji1236

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日曜日)

霧の三原山

旅は自然からの学びであり、挑戦である!!

江の島湘南港から高速ジェット船(セブンアイランド夢号)に乗船し大島のシンボル迫力の大噴火口三原山ウォーキングツアーに参戦。三原山と言えば1986年の噴火、どろどろと流れる溶岩、火柱、全島民非難の映像が思い起こされる。標高764mの低い山だが今現在も活発に活動している活火山であり世界三大流動性火山の一つである。今から大火口を目指すが三原山山頂口バス停に降り立つと風も吹きはじめ靄か霧もたち込め次第に雲行きが怪しくなってきたが、整備され歩きやす歩道に沿って噴火口へ歩を進める。途中真っ黒な巨大な溶岩の塊を目の当たりにすると凄さがわかる。ところどころに溶岩シェルタが備えてある。三原神社あたりで視界不良となり登山断念となったが、わずかながら地球の息吹を感じることができようである。(1109)Miharayama0067 Miharayama0068 Miharayama0072 Miharayama0077 Miharayama0090 Miharayama0091 Miharayama0098 Miharayama5195

| | コメント (0) | トラックバック (0)