2012年8月17日 (金曜日)

箱根ガラスの森美術館

箱根町千石原に約100点ヴェネチアングラスの名品を展示する美術館「箱根ガラスの森美術館」はある。入場するとそこは建ち並ぶイタリアン風の建物と池と花の庭園は遥かな時代のヴェネチア&美しい水の都の伝説の世界へ迷い込んだようだ。「ヴェネチアン・グラス美術館」に歩みいるとアドリア海の王女と謳われた往時のヴェネチアの卓越した技術を尽くした美の極みのグラスにくぎ付けとなる。「現代ガラス美術」、「アチェ」(水車小屋、木製のからくり人形)、「ミュージアム・ショップ」と全体がそして個々が統一された申し分ない美しさの被写体であった。(1208)Hakonegarass1424Hakonegarass1431Hakonegarass1438Hakonegarass1444Hakonegarass1489Hakonegarass1506Hakonegarass1507Hakonegarass1461

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金曜日)

光と緑の美術館

旅は一枚の絵と写真から始まる!!

相模原市(場所は横山公園前)に唯一の個人美術館がある。平成6年に設立された「光と緑の美術館」(館長は鈴木正彦氏)=Light and Greenery Art Museum=である。館長の亡父が収蔵していた日本画を基盤にイタリア現代美術の絵画、彫刻を展示する小さな館である。主な収蔵作家はマリーノ・マリーニ、ジャコモ・マンズー、エミリオ・グレコ、ベリクレ・ファッツィーニ、エンッオ・クッキ。特にマリーノ・マリーニの椿姫は印象的であった。絵を通して知る物があることを教えられる。(1107)Lightgreenery_art_museum0424 Lightgreenery_art_museum0423 Lightgreenery_art_museum0422 Lightgreenery_art_museum0418 Lightgreenery_art_museum0419 Lightgreenery_art_museum09248 Lightgreenery_art_museum0416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金曜日)

成川美術館

旅はアートであり、そしてポトである!!

箱根・芦ノ湖畔、箱根神社の朱の大鳥居横という絶好のロケーションに建つ成川美術館は1988年に開館。現代日本画中心のコレクション4800点を越える。山本岳人(150点)や平山郁夫(40点)の素画を所蔵している。美術館入り口の身代わり地蔵、樹齢300年の大王杉、展望室からの箱根、芦ノ湖の眺望はまさにアートである。(1105)Narukawa_art07956 Narukawa_art08012 Narukawa_art08023 Narukawa_art08025 Narukawa_art08027 Narukawa_art08035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日曜日)

西山美術館

旅地はどこでも詩情に溢れた美がある!!

町田野津田町にある西山美術館(ナック会長西山由之氏個人所有)へ。彫刻はロダンの作品52点、絵画はユトリロの作品76点を展示している。作品は音声ガイドを聞きながらゆっくり鑑賞できる。1点1点どれも有名なフランスの作品ばかり見応えがあり、以前訪れたフランスを思い出したが、これが個人コレクションとは驚きであった。入り口のどっしりとした黒い門を入ると約6千坪の敷地に5階建ての美術館の建物、その周囲にはつつじ・梅・松・桜など130種、300本の植栽が施され、和の庭園や、裏には畑地がありその奥には自由の女神像を配した滝があり秋色に染まった景色と融和し美しい。二階の喫茶店では40万円のマイセンでコーヒーを頂きしばし優雅な気分浸る。(1012)Nishiyama_art0968 Nishiyamaart1043 Nishiyamaart0997 Nishiyamaart1041 Nishiyama_art0972 Nishiyamaart1025

| | コメント (0) | トラックバック (0)