2011年2月16日 (水曜日)

ホテル浦島 忘帰洞

旅は目的のある家出である!!

熊野速玉大社参拝の後、勝浦港観光桟橋から船上人となり今夜の「塒」(ねぐら)であるホテル浦島へ移動。ここはほぼ島全体がホテルと言った感じであり本館をはじめ、山上館、日昇館、なぎさ館合わせるとなんと客室数805室、3000名収容というマンモホテルである。館内は色分けされたテープにそって移動しなければ迷子になってしまうほどの大きさである。そしてここのホテル目玉はなんと言っても洞窟の温泉である。6つの温泉巡り記念スタンプラリーをやっているということで、到着後早速周ってみる。山上館の遥峰の湯へは長い長いエスカレーターに乗って。帳の下りたホテルからの夜景、朝食会場の窓には朝日が昇るまぶしい光景はなんとも幻想的な美しさである。(1101)Urashimahotel0111 Urashimahotel0118 Urashimahotel0137 Urashimahotel0008 Urashimahotel0141 Urashimahotel0171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日曜日)

熊野古道=大門坂

旅には無限大の感動と出会いがある!!

那智の滝からいよいよ熊野那智大社の旧表参道=熊野古道中辺路のほんの6百数メートルであったが大門坂を歩く。杉木立がつきるところに那智大社の大門があったため名づけられたようだ。不揃いな坂が続く古道の両側には樹齢数百年の熊野杉の林が続く。大門坂上り口にはここのシンボル樹齢800年の夫婦杉がある。古来から自然の滝、岩、山、木、森に神が宿ると畏怖しを崇拝してきたと言われる紀伊山地の霊場と参詣道は2004年、世界遺産となった。京よりはるか3千6百峰、聖なる地熊野。苔むした石段、鬱蒼と茂る杉の大樹、歴史の語り部のように静かに優しく迎えてくれているようだ。パワースポット、曼荼羅の道の一端に触れ得た貴重な刻であった。平安時代の美しい装束(大門坂茶屋で貸し出し)を纏った女性、これから散策なのであろうか・・・・。(1101)Kumanokodo4782 Kumanokodo0287 Kumanokodo0292 Kumanokodo0297 Kumanokodo4786 Kumanokodo0307 Kumanokodo0300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月曜日)

那智の滝

旅は写真で見た景色の一部になりたいという衝動から始まる!!

那智山中腹に鎮座する熊野那智大社は那智三山のひとつ。那智の滝への信仰が源となっている。滝をご神体としている飛瀧神社の杉木立の参道を下ってゆくと、御滝の上に張られている注連縄から、あたりを圧するような滝の音(音のある風景百選に選ばれている)がとどろき、今年は水量が少ないようだが、毎秒一トンの水が飛沫を上げ一本の滝の白いベールになって133メートルも落ちる姿は、日本三名瀑の一つ、日本一の大滝と言われるだけの価値と感動がある。また三重の塔からの滝の姿は展望台からまじかに見た滝とは違って、まるで絵葉書のような美しい被写体となって見る者の心を離さない。(1101)Nachinotaki0256 Nachinotaki0257 Nachinotaki0267 Nachinotaki0269 Nachinotaki4776 Nachinotaki4777 Nachinotaki0230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水曜日)

1300キロ南紀バスの旅

TRAVELは骨の折れる旅のことである!!

新春スペシャル「南紀勝浦温泉ホテル浦島=忘帰洞~熊野古道と那智山めぐり」の言葉に誘われ、1300キロ(往復)バスツアーに参戦した。初日は朝7時に出発。東名高速にのり富士川SA、刈谷PA、伊勢湾岸道の駅「紀伊長島マンボウ」にて休憩、最初の訪問地である熊野三山の一つ「速玉大社」へ到着。鮮やかな朱色の社殿に参拝の後、勝浦港観光桟橋より船でここも一度は塒にと思っていた浦島ホテルへ。夕食前に「遥峰の湯」、「忘帰洞」、「玄武洞」、「磯野の湯」をはしご、11時間の移動に耐えた身体のケアーをとしばし湯に浸かる。2日目はいよいよ西国三十三ヶ所観音霊場の第一番札所の「青岸渡寺」から本宮、速玉両社と並ぶ熊野三山の一つ「那智大社」へ、日本三名瀑の中でひときわ美しい「那智の滝」(飛滝神社)をめぐる。巡拝後は神仏が静まる霊場、聖地、参詣道からパワーを一身に浴びながら熊野古道「大門坂」を歩く。。昼食後一時過ぎ帰路に着く。高速道路も渋滞なく9時に帰着。バスという狭い空間での1300キロの長距離移動というすごい骨の折れる旅であったが、念願の熊野訪問(参拝)の夢を叶える為の対価であったということかも知れない。(1101) Kumano0012_2 Kumano0218 Kumano0084 Kumano0235 Kumano4743 Kumano4783

| | コメント (0) | トラックバック (0)