2009年9月27日 (日曜日)

川湯村の酒蔵へ

旅は時として自己顕示欲を満たしてくれる!!

たんばらラベンダーパークから創業明治40年「誉国光」という酒蔵へ。ここのお酒あらゆる賞を受賞と購買意欲を掻き立てる説明委員。武尊山の雪が伏流水となって地下水として湧き出ている。お酒の仕込み水となっているだけあり冷たくおいしく喉を通過した。敷地内の庭園も木々もたくさんあり配置された池面に映りこみなかなか風情がある。順路に沿って歩くと売店へ歩を進めると。店内は甘ったるいアルコールの匂いが充満していて今にも酔いそうである。(0908)Homarekotuko07636 Homarekotuko07640 Homarekotuko07637 Homarekotuko07639 Homarekotuko07641

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金曜日)

たんばらラベンダーパーク その2

たんばらラベンダーパークで出会った花々。どうして花はこんなに和ませ、癒してくれるのだろう。そしてどうして撮影心を掻き立てるのであろうか?(0908)Tanbara_park3435 Tanbara_park3441 Tanbara_park3443 Tanbara_park3447 Tanbara_park3448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たんばらラベンダーパーク その1

旅はなまった体には心地よく、細胞が活性化する!!

冬はスキー場、夏はラベンダー畑へと変貌するこの高原、標高1300mにあり涼しさのおすそ分けをもらう。関東最大級で5万株のラベンダーが咲く。北海道富良野の指導を受けて作られたというが、今夏は異常気象の影響を受けているようだ。入場口にはラベンダー水を扇風機で飛ばしていた。(0908)1tanbara_park3450 1tanbara_park07634 1tanbara_park3429 1tanbara_park3432

1tanbara_park3438

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火曜日)

吹割の滝 浮島橋

旅とは未知との世界への架け橋である!!

片品川の中州(浮島)架かる浮島橋。120Mの吊りはし。ここからの吹割の滝の眺望もまた格別。滝のほうから見た浮島橋。奥に見えるは吹割橋。(0908)Ukisimabasi3500 Ukisimabasi3504 Ukisimabasi07661 Ukisimabasi3465 Ukisimabasi3497

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土曜日)

玉原ダムと玉原湖

旅とは感じ学んだことを蓄積することである!!

玉原高原ラベンダーパークから歩くこと15分、展望台より撮る。利根川水系のようだが発知川に架かったダムと自然がうまく溶け合い新しい景色を生み出したようだ。ダムの迫力というよりしなやかな美しさをもっている感じだ。ダムと湖を見守っているかのように「それいゆ」という女の子の銅像が建てられていた。(0908)Tanbarako3457 Tanbarako3456 Tanbarako3453 Tanbarako3454 Tanbarako3455

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木曜日)

鱒飛の滝 その1

旅は創造力を掻き立て想像を拡大する!!

吹割の滝から遊歩道を歩くこと200mの下流にある豪快な本流爆である。周囲は自然の芸術ともいえる奇岩が織り成す渓谷美を楽しむことができる。果たして名の由来の通り鱒は飛び越えることができたのか。(0908)Masutobi07655 Masutobi07654 Masutobi07653 Masutobi3482_2 Masutobi3489

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鱒飛の滝 その2

吹き割の滝の奥にある高さ8メートル、幅6メートルの滝である。かっては「鱒止の滝」と呼ばれ遡行してくる鱒を困惑させた。(0908)Masutobi3487 Masutobi3492

Masutobi07657 Masutobi07656 Masutobi3491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水曜日)

吹割の滝 その1

旅とは刻まれた悠久の時の歩みを感じること!!

初秋らしきひんやりとした風を肌に感じ東洋のナイヤガラと呼ばれている吹割の滝へ。水量はさほど多くなかったがごうごうと落下、飛散する瀑布はなんとも壮観。全身にいっぱいのマイナスイオンを浴びた。片品川の流れがやわらかい岩質を侵食してできたV字谷、巨大な岩(川床)を吹きを割れさせかのよう見えることからこの名が付いた。この渓谷美が形成されるまでに果たしてどれほどの時を要したのだろうか。今も一年間で約七センチ上流へ向かって遡行している。(0908)Hukiware3498 Hukiware07650 Hukiware3466 Hukiware3468 1hukiware3470

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹割の滝 その2

いよいよ東洋のナイアガラといわれる吹割の滝の滝壺に迫る。今にも吸い込まれそうな迫力である。なんでもこの滝壺は竜宮に通じているといわれ、村の祝儀など振る舞い事には竜宮からお膳やお椀を貸してもらう習慣があったそうな。まわりは渓谷らしく奇岩が露わになっていてなんとも圧倒されてしまう。(0908)Hukiware3478 Hukiware3479 Hukiware3480 Hukiware3494 Hukiware07652a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月曜日)

白根山ロープウェー その1

旅、視界に入るすべてが極上のモデル(被写体)である!!

丸沼高原にある山麓駅から山頂駅まで高低差500メートル、2.5km、まるでゲレンデの中をスキー客になった気分で10分間の空中遊泳、散歩の時間を満喫する。(0808)Shirane_ropeway1240 Shirane_ropeway1244  Shirane_ropeway1246

Shirane_ropeway05143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧