2013年10月25日 (金曜日)

川崎のイタリア風の街 「ラ チッタデッラ」

川崎市川崎区小川町に来月10周年を迎えるイタリアのヒルタウンをモチーフに造られたエンターテイメントの街「ラ チッタデッラ」(LA CITTADELLA)はある。ジョン・ジャディー氏デザインのイタリア古都の小さい街は2002年11月完成、敷地面積16,500㎡、延べ床面積6,600㎡。首都圏最大級のシネコンプレック「チネチッタ」と大型ライブホール「クラブチッタ」を中心に、約60店舗のショップやレストラン(内イタリアが7店舗)、「チャペル」や「フットサルコート」が集まる。ヨーロッパを想像させる石畳の小道、そしてイタリア風のカラフルな建物が軒を連ねる。建物と建物を結ぶ二つのアーチ、その中央には人々が憩う噴水のある広場がアクセントとなっている。街を見下ろす丘にイタリアの教会のようなチャペル「カペラ サンタジェロ」がある。川崎にてまるでイタリアの街の路地に迷い込み旅しているようだ。そんな空間で映画や音楽、グルメを満喫できるとは楽しい。川崎駅隣接する「ラゾーナ」も開業し今や川崎は商業の街として大きく変貌している。(1310)La_cittadella0844
La_cittadella0817
La_cittadella0822
La_cittadella0816
La_cittadella0836
La_cittadella0839

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金曜日)

あなたの"イチ押し写真展"

相模原市南区(地域政策課)が魅力づくり事業の一環で南区をテーマとした「あなたの"イチ押し写真"」を募集。募集内容は南区の風景/自然/イベント/観光名所/好きな場所&物/残したい町並み/とっておきのスポット等々であった。相模太夫も昨年に続き2点の写真を応募した。8月末締め切られ区民28名から寄せられた53点の作品が9/4から30までイトーヨーカ堂古淵店イベント広場で写真展が開催されていたが、今月2日から相模大野「ボーノ」サウスモール「ユニコムプラザ」3階に会場を移し30日迄展示されている。会場が変わるとまた写真の表情・趣も違って見えるから不思議である。来場者の投票により「大賞」が決められるというが相模太夫は果たして。(1309)Shashinten1834
Shashinten1836
Shashinten1837
Shashinten1840

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木曜日)

小田急マルシェ相武台店 開業

小田急相武台駅に直結する商業施設「小田急マルシェ相武台店」が二年間の工事を終え装いも新たに昨日(7/3am10:00)開業した。コンセプトは駅直結の「便利に」「楽しく」「集える」場所が誕生!!5階建てのビルで延べ床面積は7900㎡、1階が食品スーパー(OX)、2階に雑貨、薬、ベーカリー、ファーストフード、3階に飲食店、美容室など17店舗が入り、2011年6月ぶりに大勢の客で溢れていた。やっと戻った相武台駅。(1307)Marche_sobudai0318

Marche_sobudai0332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水曜日)

ボーノ相模大野 開業

180店舗からなる大型商業施設(ショッピングセンター)「ボーノ相模大野」がグランドオープンに先駆けて、地元住民への先行案内(プレオープン)として3/13と3/14開業した。ボーノはイタリア語のbuono(素晴らしい、おいしい)と大野(ono)を合わせた造語だとか。施設のコンセプトは「世代内・世代間の交わりを生み出し、地元大野へ愛着をはぐくむ場」らしい。「ボーノ広場」、「ボーノウォーク」、「ボーノ横町」(飲食店街)、「saga-niwa」(屋上庭園)、ショッピングセンター「bono 相模大野Shopping Center」(90店舗)、がノースモール、サウスモールに連なる。更に公共施設としてパスポートセンター、市民・大学交流センター、ヘルスサイエンスセンターなどがあり、分譲住宅「プラウドタワー相模大野」、賃貸住宅「スカイフラッシュ」、市営駐車場/駐輪場の施設も完備している。今日、相模大野駅と直結した「エキヨコ」と称し交通・利便性は抜群、ニュー相模大野の街が生まれた。(1303)Bono0025Bono0008Bono0027Bono0019Bono0036Bono0021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火曜日)

箱根遊撮

箱根町は富士箱根伊豆国立公園の中央にある観光地・温泉地。ハコは「神仙」、ネは「山」の意で「神の住む山」である箱根の魅力はなんといっても四季折々の自然の景色、美術館・博物館、レジャー施設、正月の箱根駅伝をはじめとする数多くのイベント・祭事に年間2千万人観光客が訪れる。ロープウェイから「大涌谷」、芦ノ湖の「海賊船」に乗船、船上からはホテル建造物、湖面の波、風は心地よい。海賊船を下船し箱根大神を祀る「箱根神社」へ参り、バスにて千石原にある「箱根ガラスの森美術館」へ。ヴェネチアングラスの美しい逸品とヴェネチアの街を彷彿とさせる建物と庭園を堪能。箱根はどこを切り取っても絵葉書となる被写体ばかり久々の遊撮であった。(1208)Hakone1306Hakone1321Hakone1345Hakone1406Hakone1405Hakone1373Hakone1490Hakone1505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土曜日)

横浜グランドインターコンチネンタルホテルにてランチ

みなとみらい21の一角に風をはらんだ帆の形を模した外観が特徴的な横浜を代表する高級ホテル「横浜グランドインターコンチネンタルホテル」はある。高さ140mの31階、絶好のハイロケーションが魅力の中国料理店「驊騮」(Karyu)におけるランチに舌鼓を打つ。大きくとられた窓からはベイブリッジや横浜港などベイビューの眺望は前菜から始まった8品の食事をさらにおいしくさせてくれ、なんとも優雅な刻であった。明日(2日)は「横浜開港祭」、眼下には護衛艦DD129「やまゆき」が大勢の人を乗せ動き出そうとしていた。(1206)Yokohama1757Yokohama1696Karyu1748Karyu1724Yokohama1738Karyu1729Yokohama1734Yokohama1741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土曜日)

下原の八重桜 開花 2012年

相模原下溝のほぼ中央部、約90本の八重桜が植えられ「下原やえざくら通り」と名がつけられている通りが南北に延びている。道保川の西側に沿うように北は「上中丸」交差点から南は「フィッシングパーク下」交差点まで約1Kmに渡って歩道を覆うように花を咲かせ見ごろを迎え美しい八重桜の並木、回廊を造っている。5月上旬までは楽しめそうである。花言葉は「理知に富んだ教育」で奈良の県花でもある。百人一首にも「いにしえの 奈良の都の 八重桜 今日九重に 匂いぬるかな」と詠われている。(1204)Yaezakura0128Yaezakura0132Yaezakura0490Yaezakura0495Yaezakura0125Yaezakura0135Yaezakura0121Yaezakura0498

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火曜日)

夜のららぽーと横浜

旅の語源は「給べ(たべ)」である!!

JR横浜線鴨居駅近くにあった日本電気横浜事業所の跡地に三井ショッピングセンターと大型マンションとの複合開発として2007年に開業。なんと敷地面積は102万㎡、商業施設面積は約9.3万㎡、店舗数370店(主要店舗は大丸、イトーヨーカドー、東急ハンズ、TOHOシネマズ、ノジマなど)というからその数の多さに面食らいそうである。夜とあって広場に早々と煌めくように点灯するクリスマスツリーを鑑賞しながら本日の旅の食料調達の夕食(給べ)の時間となった。(1111)Lalaport0371 Lalaport0372 Lalaport0375 Lalaport0377 Lalaport0380 Lalaport0393 Lalaport0388 Lalaport0385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火曜日)

高速ジェット船 セブンアイランド夢号

江ノ島湘南港から大島行きの高速ジェット船「セブンアイランド夢号」に初めて乗ることができた。大島までは時速80Kのスピードで一時間という速さである。総トン数281t、全長(翼アップ)30.78m、巾8.53m、定員254名のセブンアイランド夢号は最初艇走から離水、やがて船体は完全に海面を離れ翼走状態になる。揺れもなく快適である。ジェットエンジン(水中の翼)で海水を噴出し海面から浮き上がる力での翼走は、まさしく海面を飛ぶ飛行機のようである。波の高さうねりはまるで生き物のようである。どこへ行くのか分からないが前方横に大きい貨物船が走っている。(1109) Seven_island0023 Seven_island0026 Seven_island0028 Seven_island0034 Seven_island0038 Seven_island0039 Seven_island0043 Seven_island0049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金曜日)

江の島湘南港

旅も人生も未知への漂泊である!!

東海汽船が大島行きの高速ジェット船を江の島湘南港から運行という企画に参加する。ここ江の島湘南港は1964年、東京オリンピックのヨット競技用として整備された。東京オリンピック以降、数々のヨットレースを開催され公共のヨットハーバーの草分けとなった。ヨットハーバーはヨット保管地面積は28000㎡、水面、陸上、ビジターヤードあわせ1200隻以上を係留している。本船岸壁の泊地面積は75000㎡、岸壁(2000t級)1バースの広さを誇る。その他クルーザー泊地、さざえ島、タイトプールの施設を有しており、まじかで係留する船、ヨットを見ていると海原へという夢が広がっていくようである。(1109)Enoshimasyounanko5186_2 Enoshimasyounanko0029 Enoshimasyounanko5187 Enoshimasyounanko5183 Enoshimasyounanko0009 Enoshimasyounanko0015 Enoshimasyounanko0018 Enoshimasyounanko0024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧