2008年11月22日 (土曜日)

北海道 札幌

旅は何かを「見たい」、「経験したい」ということから始まる!!

時計台、藻岩山へのロープウェイ、サッポロビールファクトリー(二条館)、クラーク博士の像がある羊が丘展望台、ジャンプでよく見る宮の森シャンッエへ。(9908)Satuporo003

Satuporo001

Satuporo005Satuporo002_2

Img371

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水曜日)

北海道 ②層雲峡

旅は時にぶらりぶらり、きよろきょろ、うろうろの好奇心スタイルが不可欠!!

美瑛をたあとに、大雪山国立公園層雲峡へ。ここには銀河の滝、流星の滝、錦糸の滝や姫岩、雲井の岩が点在し、その自然が織り成す造形美は絵画を見るような光景だ。(0406)Dsc00372 Dsc00370 Dsc00374 Dsc00375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火曜日)

北海道 900草原

旅は自然に心無にして溶け込むことである!!

弟子屈町を真下に見下ろすことができる小高い丘に広がる大草原。見渡す限りに広がった緑の絨毯には北海道の広さとのどかさに心洗われるようである(0406)Dsc00478_2 Dsc00479 Dsc00480 Dsc00481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水曜日)

北海道 洞爺湖

旅とは異郷有悟である!! (異郷にて我を知る)

先月サミットが開催されたことで一躍名が知れるようになった。各国の首脳がこの地で世界のことをそして我のことを知り得たかどうか?(9908)9808_30002 9808_30006

9808_30003 9808_30008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木曜日)

北海道 ①知床 その2

旅には思いがけない興奮とときめきが用意されている!!

近くの魚港直営のお店で昼食したあとオロンコ岩へ。その昔、このあたりに住んでいた先住民族「オロッコ族」からこの名がついたといわれ、ウトロ港近くにある高さが60mもある巨岩。170段あまりの急な石段を上っていくと頂上は平らで、とそこには岩礁が透けて見えるほど青く澄んだオホーツク海やウトロの町並み、知床連山の素晴しい景色が待っていた。更にかもめまでもが迎えてくれた。(0405)Dsc00450 Dsc00452 Dsc00453 Dsc00454

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道 斜里町の滝

旅、いま目の前のすべての出会いに感謝することである!!

世界遺産を堪能した知床を後にして斜里町のお しんこしんの滝へ。日本の滝百選に選ばれ岩盤の節理面に大きく二つに広がって流れるさまを正面から見られる。残雪に豊富で迫力ある水量は訪問者に感動のしぶきをふり掛けてくれる。(0405)Taki02 Taki05

Taki04Taki03 Taki06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日曜日)

北海道 ③東藻琴 芝桜

旅とは日常とは別の世界を垣間見ることである!!

網走から東藻琴市街へ。8キロほど先の小高い丘陵(8haの広さ)一面ピンクの絨毯(芝桜)が広がる。その鮮やかさはまるで別世界へ足を踏み入れた思いである。(0405)Dsc00424blog Dsc00427blog Dsc00426blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月曜日)

北海道 ②美瑛

旅とは豊潤な人生への一歩である!!

北海道の中央に位置し四季を通じて美しい美瑛の自然、丘の風景を堪能、まるで絵葉書かパッチワークの絵画を見ているようである。(0406Biei00360

Biei00364 Biei00362 

Biei00365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日曜日)

北海道 ①知床

旅した場所は自心の世界遺産である!!

世界遺産となった知床半島。野生動物や原始的な自然景観が今なお残る秘境である。おろんこ岩に登ると素晴しい景色が待っていた。斜里町のお しんこしんの滝も水量が豊富で迫力がある。(0405) Dsc00446 Dsc00441 Dsc00447 Dsc00448

| | コメント (0) | トラックバック (0)