« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月29日 (木曜日)

相模原麻溝公園 アジサイフェア’14 前撮り

相模原麻溝公園には170種、6千株のアジサイが「管理事務所ゾーン」、「フィールドアスレチックゾーン」、「樹林広場ゾーン」、「花の谷ゾーン」、「芝生広場ゾーン」の5ヶ所のゾーンに分けられて植栽されている。6/8(日)にはこの市花「アジサイ」をテーマとした「アジサイフェア’14」が開催される。まだ全体的には蕾が膨らみかけている状態であるが、先週末頃から芝生広場ゾーンの白、青、紫、赤色のホンアジサイがようやく花びらを広げ始めている。まもなく公園全体が各種アジサイによって彩られるだろう。来週のフェアに向け主役のアジサイたちも懸命に開花速度を上げているようである。(1405)Asamizo_ajisai14
Asamizo_ajisai0929


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土曜日)

鎌倉文学館 バラまつり 2014

鎌倉市長谷に鎌倉にゆかりの深い文学、文士たちの作品や資料、記念品を集め展示する「鎌倉文学館」はある。昭和60年(1985)、旧前田候爵鎌倉別邸を改築して設けられた木造三階建ての洋館である。戦後内閣総理大臣佐藤栄作やデンマーク公使の別荘として使用された。庭園南側の600㎡のバラ園では世界各国の188種225株の色とりどりのバラが美しさを競い合うように咲きほころび見ごろを迎えている。5/14から「バラまつり」(6/3迄)が開催されていることから多くの人が鑑賞に訪れていた。赤、黄、白、紫と色とりどりのバラと青い洋館のコントラストは心惹きつけられる被写体ばかりである。(1405) Kamakura_bara_p1
Kamakura_bara1557p1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模台クリニック バラ祭 2014年

座間栗原の座間近代乗馬クラブ斜め前に「相模台クリニック」が植栽管理している「バラ園」がある。今日(17日)から「バラ祭」(22日迄)が開催されたが、約350坪の土地に200種600本のバラが見事に咲き誇り見頃を迎えている。園内は色とりどりのバラが旬の輝きを魅せバラ特有の甘い香りを漂わせていた。花の女王と称されるバラは2万種あるといわれているが一輪々の形といい、多彩な色といい、一枚々の花びらといい優雅で気品に溢れている。初日は園内でバラの販売も行われていて大勢の鑑賞客で賑わっていた。(1405) 他の画像Sagamidai_bara_3756a

Sagamidai_bara0891a

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木曜日)

相模の大凧まつり 「駿風」皐月の空に舞う!!

相模原の伝統行事のひとつ「相模の大凧まつり」が今日(5/4)と明日(5/5)の2日間、新磯地区の4会場(新戸、上磯部、下磯部、勝坂)で開催され、観客数も昨年(16万人)を上回る17万人(4会場/2日間)であった。相模の大凧揚げは新磯地区に伝わる風俗慣習で、もとは5月の節句の際に男児誕生祝って行われていた。歴史は古く江戸時代の天保年間(1830年頃)より継承されている相模原が日本に誇る祭りである。ここ相模の大凧、中でもここ新戸の「八間凧」は14.5m四方、950㎏というサイズで日本一を誇る大きさである。快晴の今日4日(日)は10時から開会式で会長の挨拶、市長の祝辞、新調「親綱」披露、大凧清祓い式、乾杯が行われ今年の「大凧まつり」(今年の題字は駿風)がスタートした。他の会場「勝坂」5.5間、「下磯部」が六間の大凧、またお隣の「座間」(座袈依橋)でも「陽駿」の凧(13m四方)が揚がっていた。ここ新戸会場は午前中は風も弱く、1回目の大凧が揚がったのは13:20であった。2回目が14:00、3回目は15:20で一番長く皐月の空を舞った。八間大凧を揚げる合間に三間と四間の凧が揚がり3回目では3個の凧の競演となり、日本一にふさわしい迫力満点の凧揚げを見ることができた。(1405)Sagamiohodako6872

Sagamiohodako0770

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原麻溝公園 クレマチスフェア’14 開花状況

230種、8000株と日本最多を誇るクレマチスの名所の相模原麻溝公園には、その園内のポール、アーチと外周フェンス沿いに植えられている「クレマチス」がいま色鮮やかに咲き誇り見ごろを迎えている。今冬の寒さにもめげすエネルギーを蓄え4月末から咲き始めたが、5月11日(日)に開催される「クレマチスフェアー’14」にはジャスタイミングのようだ。フェアを前に初夏を鮮やかに彩るその多様な色彩、花姿を魅せる「花の女王」の旬の輝きを撮る。もっともポピュラーな「柿生」、紫の「シルホーサ」、白紫の「ジリアンブレイズ」、赤ピンクの「ドクターラッペル」、青紫の「ビクトリア」、白と紫の「ジリアンブレイズ」、赤紫の「ラザスターン」たち。「人の喜び」、「心優しさ」がクレマチス(clematis)の花言葉だが、旅人には心癒され勇気づけられる花である。(1405)Clematis0001
Clematis0828
2clematis3468
2clematis0605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »