« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月20日 (金曜日)

かにが沢公園 彩る曼珠沙華

暑さ寒さも彼岸までの言葉通りやっと涼しくなり秋の訪れが感じられるようになったここ座間の「かにが沢公園」で「曼珠沙華」(彼岸花)が咲き始め色づいてきた。公園西側の350㎡の敷地斜面を5万個超える赤や白の曼珠沙華が彩っている。曼珠沙華は「天上の花」という意味らしいが、仏教の経典では「おめでたいことが起こる兆しに、赤い花が天から 降ってくるという。彼岸花(曼珠沙華)の花言葉は「あきらめ」、「悲しい思い出」、「恐怖」、「再会」、「情熱」、「独立」といろいろあり、柿本人麿は万葉集に「路の辺の 壱師の花の いちしろく 人皆知りぬ わが恋ふる妻」と詠っている。まっすぐ伸びた茎の先端に鮮やかな線状の花を咲かせる曼珠沙華は秋を代表する花である。(1309)Manjusshage0271
Manjusshage0264
Manjusshage0268
Manjusshage0256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »