« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月11日 (火曜日)

相模原公園 水無月園 しょうぶまつり2013年 開花状況

梅雨入り「花菖蒲」が色づく季節とり、ここ相模原公園の「水無月園」にはメインの東側、木立に囲まれた西側と明るい雰囲気の漂う円弧状の菖蒲田があり、江戸系、肥後系、伊勢系など118品種30000株の花菖蒲が植えられている。東屋のある東側の菖蒲田の左側と中央の菖蒲田は肥後系と伊勢系が見ごろを迎えており、6月17日(日)に開催される「しょうぶまつり’13」を前に主役たちがスタンバイ中である。あじさいと同様、雨がよく似合う花菖蒲は色どりも白、紫、黄、ピンク色と多彩で、「優雅」(花言葉)でしなやかで可憐な美しい花姿には時を忘れ魅入ってしまう。まつりの日には江戸系も開花し今よりもっと美しい「花菖蒲の世界」が広がっていることだろう。(1306) 次の画像Minazuki0109
Minazuki0081
Minazuki0098
Minazuki6093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土曜日)

バラで彩られた旧古河庭園 バラフェスティバル 2013

東京都北区西ヶ原に豪壮でおしゃれな建物、和洋の庭園、大正の息吹に触れられる空間と言われている「旧古河庭園」はある。。外観はルネサンス調で、煉瓦造りの躯体を新小松石の野面石積みで覆う造りで大正6年竣工。洋館南側にはイタリア式とフランス式の庭園が見事に組み合わされ配置されている。バラ園には約90種180株の華やかで気品あふれるバラが甘い芳香を漂わせ咲き誇っている。見ごろを迎えてた今、園内は「バラフェスティバル」が開催されている。(5/11~6/9まで)。白いバラは故ダイアナ妃の名がついている「プリンセスオブウェールズ」、黄色のバラは「サハラ'98」である。重厚な洋館を眺めながら春バラの観賞と撮影は優雅で贅沢なひと時であった。(1305) 次の画像Furukawa5924
Furukawa0330
Furukawa0332
Furukawa0338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原麻溝公園 アジサイまつり 2013

アジサイの名所である相模原麻溝公園では今年も恒例の「あじさいまつり’13=アジサイフェア’13」が6/9(日)開催される。市の花である「アジサイ」、もちろんフェアの主役である。「今年も何かを見つけちゃお!」をテーマとしたイベントである。園内の「子供の広場」、「花の谷」、「樹林広場」のヒメアジサイはほぼ満開である。フィールドアスレチックの外周を廻る散策路沿いの「アジサイ小路」はまだこれからという状況(2~3分咲き)。紫、青、赤、白、ピンクと色とりどり約170種6000株の主役のガクアジサイ、アナベル、黒姫、ヒメアジサイなどのアジサイたちがフェア当日多くの鑑賞客を迎えるため開花に向けスタンバイ中である。花言葉は「移り気」、「高慢」、「ひたむきな愛情」で、梅雨のこの時期に一斉に咲き揃うアジサイは雨がもっとも似合う花である。(1306) 詳細画像1sgh_ajisai0800
Sgh_ajisai0740
Sgh_ajisai0762
Sgh_ajisai0743
Sgh_ajisai0742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »