« 恩田川の紅葉 | トップページ | イギリス コッツウォルズ地方 カッスル・クーム »

2012年12月 8日 (土曜日)

イギリス テッドベリー ウェストンバート国立森林公園

シェイクスピアの生誕地の「ストラトフォード・アポン・エイボン」から、コッツウォルズ地方の南部のテッドベリーにある「ウェストンバート国立森林公園」に移動。ここはヴィクトリア朝の最盛期であった19世紀半頃、富裕な地主のロバート・ホルフォード氏により創設された森林公園で243万㎡という広大な敷地の中に湿気気候の樹木園としては世界最大級の森林公園の一つで3500種、約16000本の木々や灌木が植えられている。10月末とあって秋真っ盛りのウェストンバートのあちこちが炎のような赤やオレンジ色、黄色に染まり、中でもジャパニーズ・メイプル・カルティヴァー・コレクション(日本原産もみじ=いろはもみじ)のもみじは極上の美しさに目を奪われる。年間訪問者40万人の人々は雄大な自然の醍醐味、木々の香りやマイナスイオンに満ち溢れたこの公園に魅せられる。我々も非日常の場所で英国の秋を感じ、日本の紅葉の美しさに思いを馳せる。(1210)Westonbirt0867Westonbirt0876Westonbirt0872Westonbirt0878Westonbirt0883Westonbirt0892Westonbirt0881Westonbirt0903

|

« 恩田川の紅葉 | トップページ | イギリス コッツウォルズ地方 カッスル・クーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182615/56133790

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス テッドベリー ウェストンバート国立森林公園:

« 恩田川の紅葉 | トップページ | イギリス コッツウォルズ地方 カッスル・クーム »