« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木曜日)

自由が丘熊野神社 

目黒区自由が丘に「谷畑の権現様」と呼ばれている「自由が丘熊野神社」は鎮座する。創建年は不詳。熊野詣が盛んな頃、各地に講社が作られる中で熊野から勧請(本宮の分霊持ち帰り祀る)されたと推定される。寛政8年(1796)社殿改修の棟札(写し)が残されており、これ以前に創建されたと考えられる。御祭神は速玉之男尊、伊弉冉尊、泉津事解之男尊。自由が丘駅を降り商店街を右折し赤い鳥居を潜ると右手に「手水舎」、正面に朱色の「社殿」、「舞殿」が建ち並び、その奥に「稲荷大明神」が社が祀られている。(1207)Kumanojinja0672Kumanojinja0671Kumanojinja0669Kumanojinja0666Kumanojinja0667Kumanojinja0661

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月曜日)

寒川神社

高座郡寒川町(相模川河口左岸の低台地)に式内社で相模国一宮で関東八州鎮護の神として当地の名祠として崇められている「寒川神社」はある。当社は古代、名神大社として朝廷の崇敬も厚く、現在も八方除けの守護神として参拝者が集まることで知られる。ただ創建年代は不詳だが、雄略天皇(456~479)の御代に奉幣、神亀4年(727)社殿建立と伝える記録があり約千五百年以上の歴史を有する。神池橋、第三鳥居に架かる太鼓橋をわたり参道を進むと「手水舎」、「神門」(重層の門)、正面に総桧造り御祭神(寒川比古命/寒川比女命)を祀る「社殿」、両側に本殿と神門をつなぐ「回廊」と相模の自然に杜に鎮座する神社という印象がある。訪れた日は翌日の「薪能」の準備中であった。(1208)Samukawajinja1237Samukawajinja1248Samukawajinja1258Samukawajinja1259Samukawajinja1260Samukawajinja1257

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土曜日)

第8回 大野もんじぇ祭り

相模大野街一番の夏のイベント「第8回 大野もんじぇ祭り」(FOODS&JAZZ FESTA)が今日(8/25)と明日(8/26)相模大野中央公園で開催されている。35の飲食店屋台と15組のジャズライブで昨年はなんと53000人という来場を記録したという。果たして今年は何人来場するのであろうか?公園内には美味しい匂いが漂う中、大勢の来場者が楽しそうに飲み舌鼓を打ちながらJAZZの歌声に耳を傾けている。ステージは「上田優香TRIO」が。厳しい残暑と相俟って、熱気に溢れていた。(1208)Ono_mangez1530Ono_mangez1565Ono_mangez1533Ono_mangez1537Ono_mangez1557Ono_mangez1056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金曜日)

横浜金沢区の寺社巡り

金沢区町屋にある「嗣法山伝心寺」(曹洞宗、創建/宝治元年、本尊/釈迦如来)は北条時頼~「補船山安立寺」(日蓮宗、創建/文応元年、本尊/釈迦牟尼仏)はもちろん日蓮上人~「法屋山天然寺」(浄土宗、創建/天文9年、本尊/阿弥陀三尊立像)~「町屋神社」(起源/元和元年、祭神/須佐之雄命)は豊臣~寺前にある「金沢八幡神社」(創建/鎌倉時代、祭神/応神天皇)を巡る。歴史上の人が関わっている由緒ある寺社であった。(1207)Denshinji0971Denshinji1003Anryuji0999Tennenji0986Machiyajinja0979Kanazawahachiman0966

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火曜日)

箱根遊撮

箱根町は富士箱根伊豆国立公園の中央にある観光地・温泉地。ハコは「神仙」、ネは「山」の意で「神の住む山」である箱根の魅力はなんといっても四季折々の自然の景色、美術館・博物館、レジャー施設、正月の箱根駅伝をはじめとする数多くのイベント・祭事に年間2千万人観光客が訪れる。ロープウェイから「大涌谷」、芦ノ湖の「海賊船」に乗船、船上からはホテル建造物、湖面の波、風は心地よい。海賊船を下船し箱根大神を祀る「箱根神社」へ参り、バスにて千石原にある「箱根ガラスの森美術館」へ。ヴェネチアングラスの美しい逸品とヴェネチアの街を彷彿とさせる建物と庭園を堪能。箱根はどこを切り取っても絵葉書となる被写体ばかり久々の遊撮であった。(1208)Hakone1306Hakone1321Hakone1345Hakone1406Hakone1405Hakone1373Hakone1490Hakone1505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日曜日)

茅ヶ崎「えぼし岩」と「えぼし本店」

神奈川中南部に位置する茅ヶ崎は湘南の海に面した自然豊かな、マリンレジャーのメッカ、サザンビーチ、文化人もこよなく愛した海と歴史の街。ここ茅ヶ崎のシンボルと言えば湘南を歌った歌の中に再三登場する「えぼし岩」である。複数の岩からなる岩礁群のなかで高さは20メートル余りと最大級の岩が烏帽子の形に似ていることからその名がつけられたようだ。本日昼食は、おそらく「えぼし岩」にあやかったと思われる「えぼし本店」で。魚介も新鮮でなかなか美味であった。(1208)Eboshiiwa1270Eboshiiwa1269Eboshishop1266Eboshiishop1264Eboshishop1262Eboshishop1265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金曜日)

箱根ガラスの森美術館

箱根町千石原に約100点ヴェネチアングラスの名品を展示する美術館「箱根ガラスの森美術館」はある。入場するとそこは建ち並ぶイタリアン風の建物と池と花の庭園は遥かな時代のヴェネチア&美しい水の都の伝説の世界へ迷い込んだようだ。「ヴェネチアン・グラス美術館」に歩みいるとアドリア海の王女と謳われた往時のヴェネチアの卓越した技術を尽くした美の極みのグラスにくぎ付けとなる。「現代ガラス美術」、「アチェ」(水車小屋、木製のからくり人形)、「ミュージアム・ショップ」と全体がそして個々が統一された申し分ない美しさの被写体であった。(1208)Hakonegarass1424Hakonegarass1431Hakonegarass1438Hakonegarass1444Hakonegarass1489Hakonegarass1506Hakonegarass1507Hakonegarass1461

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土曜日)

三療山医王院薬王寺

金沢区寺前に源範頼公ゆかりの真言宗の寺院「三療山医王院薬王寺」(蓮華寺の末寺)はある。創建は鎌倉時代前期、本尊は薬師如来(行基作/源範頼の念仏仏)である。称名寺山門の手前にある薬王寺は、元は源範頼の別邸のあった地に「三愈山遍照坊」と称し建立された寺院で江戸時代に三療山薬王寺と改名し現在に至っている。当寺には源範頼の位牌と絹本著色 種子両界曼荼羅図(市指定有形文化財)が残され、今に伝えられている。山門左側に金沢八景の「称名の晩鐘」はここ薬王寺で打たれている鐘楼、本堂の右に大きな宝篋印塔がある。またここは新四国東国八十八ヶ所霊場の74番でもある。(1207)Yakuoji0965Yakuoji0956Yakuoji0962Yakuoji0960Yakuoji0957Yakuoji0958

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木曜日)

星頂山妙福寺 祖師堂

大田区南千束(洗足池東池端)に日蓮上人が池畔の松に袈裟を架けて手足を洗い休息した地を霊場「御松庵」」として開創されたと伝えられている日蓮宗の寺院「星頂山妙福寺」はある。創建は弘安5年(1282)、本尊は一塔両尊四士。ここのお堂=「旧七面大明神堂」(木造平屋建、切妻造瓦葺)は江戸後期の寺院建築様式を伝える遺構として登録有形文化財に指定され現在は「祖師堂」として使用されている貴重な建物である。山門を潜ると右手に祖師堂が建ち数々の石碑と石像が置かれている境内、緑の樹木竹林に光の織り成す光景、静寂な時間は繁多な日常とは異なる心の安らぐ世界(寺域)がある。(1207)Myofukuji0771Myofukuji0789Myofukuji0783Myofukuji0786Myofukuji0775Myofukuji0776

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火曜日)

旗岡八幡神社

品川区旗の台に源氏ゆかりの神社とも呼ばれる「旗岡八幡神社」(別名:旗ヶ岡八幡神社/中延八幡宮)はある。主祭神は誉田別命・比売大神・息長帯比売命、創建は長元3年(1030)である。源頼信が平忠常の乱平定のため下総に向かう途中宿営し霊威を感得し当地の領主・荏原吉宗が守り本尊「八幡大神」を奉り戦勝を祈願したのが地名の発祥であり、起源である。また隣接する「法蓮寺」はここは旗岡八幡神社の別当寺で荏原吉宗が日蓮宗に篤く帰依し、息子朗慶上人が開山した寺院である。鳥居を潜ると緑青の樹木に覆われ境内左側に「絵馬殿」と「神楽殿」、右手に「社務所」、正面に朱の「拝殿」がある。千年近い歴史を有する当社は今も氏子の信仰・崇敬を集めている。(1207)Hataokahachiman0696Hataokahachiman0973Hataokahachiman0706Hataokahachiman0702Hataokahachiman0698Hataokahachiman0701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日曜日)

日吉山大楽院

川崎市中原区に真言宗で奈良長谷寺の直轄寺院の「日吉山神宮寺大楽院」はある。創建年代は不詳だが上丸子日枝神社の別当を務めていたと伝えられ、中興した延宝7年(1679)前後と思われる。本尊は十一面観音菩薩。本堂の釈迦如来坐像は市の指定文化財となっている。「川崎八十八ヶ所霊場」の18番、「川崎七福神)」で恵比寿神を奉る。新丸子商店街を抜け突き当りに川崎七福神と水子供養の赤い旗がある山門を潜り境内に建ち並ぶいくつかの堂宇(「観音堂」、「弁天社」、「稲荷社」、「不動堂」、「閻魔堂」)と正面に構えられた「本堂」等を見ているとかなりの寺格と規模を有していたことが窺える。(1207)Daigakuin0834Daigakuin0822Daigakuin0824Daigakuin0820Daigakuin0828Daigakuin0830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金曜日)

横浜関帝廟と横浜媽祖廟

横浜市中区山下町一帯約20ha内に所在する「横浜中華街(チャイナタウン)」は日本最大かつ東南アジア最大規模で、日本では神戸南京町、長崎中華街とともに三大中華街とされる。そのエリアの中に主神の三国志の関羽の他に4体の神様を祀る中国式寺院「横浜関帝廟」がある。日本が開国し横浜の港が開かれた幕末(1859)の頃、訪れた多くの中国人(商人・職人)の中の一人が関羽の木像を祠に開いたのが始りで160年となる。横浜関帝廟の先にある山下公園に建つ中国風あずまや「会芳亭」を右折すると世界各地の華僑、華人に信仰されている海の女神「媽祖」と他4体を祀った寺院「横浜媽祖廟」がある。開廟は2006年とまだ新しい。二つとも中国建築らしい建物でカラフルさの中にも精緻な彫刻飾りが美しい。上海路、中山路、福建路の他地名を冠した交錯する路地に連なる500点舗と二つの信仰場所は横浜華僑華人の歩みが重なっている。(1208)Kanteimon1183Kanteibyo1187Kanteibyo1188Kaihotei1200Masobyo1212Masobyo1205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水曜日)

知足山龍華寺

金沢区洲崎町に真言宗御室派別格本山の寺院「知足山龍華寺」(弥勒院)はある。創建は文治5年(1189)に源頼朝と文覚上人が建立した浄願寺という古刹で、明応4年(1499)広徳寺を併合し龍華寺として再興した。本尊は大日如来である。山門横には大黒天を祀る「地蔵堂」、境内に入ると「観音菩薩像」、珍しい茅葺の厚い屋根の「梵鐘」、右側に「六地蔵」、「水子地蔵堂」、「太子堂」、正面に「本堂」(銅瓦葺き屋根)が建ち並ぶ。鎌倉の外港として栄えた武州金沢に整然と佇む真言密教の学問と修業場として栄えた古刹は800年以上の歴史と宝物を保有し、また牡丹、神津桜、御室桜などの花の寺としても名高い。(1207)Ryugeji1010nRyugeji1023Ryugeji1011Ryugeji1013Ryugeji1010Ryugeji1008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »