« 第14回 まつだ桜まつり 開花状況 | トップページ | 東尋坊=柱状摂理の奇勝 »

2012年3月 4日 (日曜日)

雛のつるし飾り

松田山ハーブガーデンの子供の館に「つるし雛」が飾ってある。この「雛のつるし飾り」は江戸時代後期から伝わる伊豆稲取地方の風習で今は全国に流布されこの時期のイベントととしてあちこち目にするようになった。長女の初節句と無病息災、良縁を祈願して、ひな壇の両側に細工を吊るすもので、この細工は桃(長寿)、猿っ子(魔除け)、三角(薬袋幸袋)を基本として50種類あるという。5列の赤い糸に各11個の細工をつるし計55個にそろえ、対で110の細工をつるされたものが基本のようだが、見ていると暖かく懐かしくなってくる。この時期ならではの日本の文化であり風物詩である。(1203)Turushikazari0424
Turushikazari0427Turushikazari0429Turushikazari0422Turushikazari0423Turushikazari0425Turushikazari0426Turushikazari0430

|

« 第14回 まつだ桜まつり 開花状況 | トップページ | 東尋坊=柱状摂理の奇勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182615/54137451

この記事へのトラックバック一覧です: 雛のつるし飾り:

« 第14回 まつだ桜まつり 開花状況 | トップページ | 東尋坊=柱状摂理の奇勝 »