« 蛭子神社 | トップページ | 叡昌山妙隆寺 »

2011年9月24日 (土曜日)

彼岸花(=曼珠沙華)

人生は旅である。我等は忽然として無窮より生まれて、忽然として無窮のおくに往ってしまう!!  (若山牧水)

我が家の近くの公園に咲いた彼岸花。季節はお彼岸、実に的を射たネーミングで、夏の終わりから初秋にかけ輪生状に放射状に広がった花はなんとも不思議な独特な形状をしている。別名曼珠沙華ともいいおめでたいことが起こる兆しに赤い花が天から降ってくるということか法華経などの仏典に由来する。毒を抜き非常食としたことから「悲願の花」という意もある。この花は万葉集にも詠われている「路の辺の壱師の花の灼然く人皆知りぬわが恋ふる妻」(柿本人麿)。花言葉は「悲しい思い出」。(1109)Higanbana3538 Higanbana0326 Higanbana3530 Higanbana0325 Higanbana3518 Higanbana0324

|

« 蛭子神社 | トップページ | 叡昌山妙隆寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182615/52815465

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花(=曼珠沙華):

« 蛭子神社 | トップページ | 叡昌山妙隆寺 »