« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水曜日)

補陀山清水寺

旅の枕詞は「草枕」である!!

下溝の鳩川沿いにある曹洞宗の寺院「補陀山清水寺」(補陀とは観音が住むという山、清水は相模川の清流に因む)を訪詣。縁起によると慶長元年(1596年)、天應院八世天山存雪大和尚が創建。本尊は十一面観世音菩薩。ここは武相四十八ヶ所観音霊場の三十二番所にもなっている。本堂は新しく建て直され往時の雰囲気は残念ながら感じられなくなってしまったようである。(1108)Seisuiji0815 Seisuiji0816 Seisuiji0817 Seisuiji0818 Seisuiji0819 Seisuiji0820

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火曜日)

下溝八幡宮

旅とは時を越えた歴史文化を見聞することである!!

清水寺から北へ数百メートル歩を進めると上溝の亀ヶ池八幡宮から分霊を受けて建立(創建時期は不明だが天文年間1532~1555年溝郷が別れた時と推定 )された下溝八幡宮がある。ご祭神は応神天皇である。さほど大きくない神殿であるが年代を感じる。その横には相模原市指定有形文化財(彫刻)に指定されている「木造の不動明王像」(享保9年=1724年後藤左近藤原義貴作)を安置する不動堂がある。初詣、かえでの紅葉時には多くの参拝者が訪れる神社である。(1108)Shimomizohachiman0821_2 Shimomizohachiman0822_2 Shimomizohachiman0823_2 Shimomizohachiman0824_2 Shimomizohachiman0826 Shimomizohachiman0827

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日曜日)

薬王山瑠璃光寺

旅とは悠久の歴史に身を委ねることである!!

以前訪れた当麻の無量光寺と同じく時宗の寺院である薬王山瑠璃光寺を参詣。瑠璃光寺は妙伝寺から西方向へ歩を進めると小高い丘陵が続く中腹にある。開山の真源は1427年卒といわれている。一遍上人が諸国遊行の途中、ここの草庵に宿して念仏を唱えていると、夜中に「金毛の亀に乗った妙見菩薩」が姿を現し、ここで修行をすれば念仏の功徳が広まるとのお告げがあったと伝えられているようだ。勾配の石段を登るとやや狭い境内にまだ新しい本堂と庫裏が並立して建っている。歴史深い寺のようである。(1108)Rurikouji0845 Rurikouji0840 Rurikouji0841 Rurikouji0842 Rurikouji0843 Rurikouji0844

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土曜日)

妙法山本立寺

旅は時に寺歩きであり巡拝である!!

猿ヶ島スポーツセンター前に位置する日蓮宗の妙法山本立寺を訪詣。重厚な造りの本堂(経王寳殿 )前には日蓮の像が参拝者を出迎えるように建てられている。入り口に芭蕉の句碑「年々や猿にきせたるさるの面」(芭蕉50歳の句)がある。この句碑は郷土の俳人五柏園丈水が天明8戌申歳(1788)に猿ヶ島と申(さる)年にちなんで建立とある。(1108)Honryuji0863 Honryuj0873 Honryuj0866 Honryuj0868 Honryuj0871 Honryuj0872 Honryuj0869 Honryuj0864

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金曜日)

依知神社

旅は旅地との束の間の共生である!!

昭和橋を渡ったところにある依知神社を参拝。神社の由緒によると依知神社は古くは赤木明神社といい、依知郷全体を護る総鎮守社と伝えられている。鎌倉幕府二大将軍頼家が創建。ご祭神は磐筒之男命(イワツツノオノミコト)。ここ依知神社には神奈川県名木百選にも選ばれている樹齢約500年以上と推定される二本の大イチョウ(頼家が再建時植えた)があり、真黄色に色づく秋が待ち遠しい。(1108)Echijinjya0830 Echijinjya0831 Echijinjya0832 Echijinjya0833 Echijinjya0837 Echijinjya0838 Echijinjya0835

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水曜日)

相模女子大フランス庭園

旅は現実を直視し関係性を確立することから創られる!!

相模原市の有形文化財の旧第一本部棟(旧陸軍通信学校将校集会所)に付設されているフランス庭園はさほど大きくないが、現存する洋風庭園として当事のすぐれた設計・施工技術を知ることが貴重な庭園のようである。庭園の中央にあるしだれ桜は桜の季節には大勢の花見客で賑わうことで知られている。(1108)Sgami_womens_university_park0755 Sgami_womens_university_park0754 Sgami_womens_university_park0764 Sgami_womens_university_park0756 Sgami_womens_university_park0758 Sgami_womens_university_park0761 Sgami_womens_university_park0757 Sgami_womens_university_park0762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月曜日)

深大寺 元三大師堂

深大寺本堂の左横に慈恵大師像(2Mを越す大像で鎌倉末期作)を安置している元三大師堂がある。慶應3年(1867)再建。近世になって元三大師が深大寺の信仰の中心となった。元三の由来は慈恵大師の入寂が正月三日であったことによる。河鍋暁斉(江戸末期から明治の鬼才)の龍の天井画が残っているというが、見てみたいものである。(1103)Gansandaishidou1013 Gansandaishidou1019 Gansandaishidou1020 Gansandaishidou1014 Gansandaishidou1015 Gansandaishidou1021 Gansandaishidou1016 Gansandaishidou1022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土曜日)

第7回 大野もんじぇ祭り 2011

旅は見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触れるの五感で創られる!!

初秋を思わせる涼しさの中、今日から「相模大野の味自慢と演奏家たちの熱き競演」、第7回Food&JazzFesta大野もんじぇ祭りがここ相模大野中央公園でスタートした。既に大勢の人で賑わっており、ステージではトップバッターの近藤花さんグループの歌・演奏が始まっていた。公園周囲には大野の34軒のグルメ店が並び美味しい匂いを漂わせていた。明日まで大野は熱くなりそうである。(1108)Mangez0599 Mangez0795 Mangez0796 Mangez0804 Mangez0811 Mangez5143 Mangez5137 Mangez0797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金曜日)

第24回 相模原薪能

旅も人生もリハーサルのない公演ある!!

昨夜(8/18)相模女子大グランドで行われた「相模薪能」を鑑賞。すっかり相模原の夏の風物詩として定着したこの「薪能」も今年で24回となる。6時半火入れ式が厳かに行われ二個の薪に火がともった。夕焼けに染まった空、揺らぐかがり火に照らし出される「能楽」の幽玄の世界に心酔した。演能は素謡「翁」、仕舞「高砂、松風」、狂言「千鳥」、能「紅葉狩」であった。今年は特に東日本大震災の慰霊の意味も込められているようだ。能という日本の歴史ある芸術としていつまでも守り続けて欲しいものである。(1108)Takiginou001 Takiginou0793 Takiginou0769 Takiginou0781 Takiginou0791 Takiginou0790 Takiginou0777

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水曜日)

大塚・歳勝土遺跡公園の竹林

旅は瑠璃漂泊の人生への憧れの疑似体験である!!

都筑民家園、大塚・歳勝土遺跡公園からセンター北駅に向かうジグザグに湾曲した散策路には青々とした竹林が続く。一本々の竹がまっすぐ天に向かって伸びていく生命力、人間としての在り様を考えさせられる。なぜかこのエリアだけは空気も浄化され澄みきった癒しの空間の感がある。(1106)Tikurin0252 Tikurin5083 Itikurin5055 Tikurin5056 Jseki_park0256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月曜日)

橋本山香福寺

旅の道連れは里程を縮める!!

橋本駅ほど近くに臨済宗鎌倉建長寺末「橋本山香福寺」はある。開山は建長寺67世蔵海性珍、矢嶋左近某が中興。本尊は運慶作の地蔵菩薩である。風土記に当寺の支院として延寿堂と常慶庵があったとことが記載されている。境内には貞亨3年鋳造の鐘楼、薬師如来を安置している薬師堂、江戸時代後期建立の4脚門、六地蔵、中央には樹齢400年の槙の大樹が威風堂々の存在感を魅せている。また苔むした庭の前方には池が配置され鯉が優雅な泳ぎを見せている。(1108)Kouhukuji0722 Kouhukuji0732 Kouhukuji0731 Kouhukuji09254 Kouhukuji09256 Kouhukuji0735 Kouhukuji0724 Kouhukuji0723

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金曜日)

方運山青柳寺の石碑

旅は今、目を通し視している人生の一コマである!!

上鶴間(町田駅に数分の所に位置し、鹿島神社と隣接する)にある日蓮宗身延山久遠寺末寺の方運山青柳寺を参詣(昨年に続き二度目)。天正年間(1573~1592年)創建、釈迦如来を本尊(現在は大曼荼羅)、開山は律正院日大聖人。砂利が敷き詰められた境内には重厚な瓦葺の本堂と鐘楼そして数多くの石碑があり、中でも「武相困民党発祥乃地」は有名である。また住職を中心に俳句が盛んに行われ、その句碑が立ち並んでいる。平成10年に相模原古民家園に移設された「青柳寺庫裏」(上層民家の構造を有す)は県重要文化財として保存されている。(1108)Seiryuji0643 Seiryuji0645 Seiryuji0646 Seiryuji0662 Seiryuji0663 Seiryuji0656 Seiryuji0644 Seiryuji0653 Seiryuji0654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木曜日)

橋本神明大神宮

旅地は人生という大きな芝居のステージである!!

橋本に天照皇大神をご祭とする神明大神宮がある。永禄2年(1569)に創建したと伝えられている。近隣にあった天神社を遷座、さらに大坂大鳥神社を勧請し境内に祀っている。境内には相殿として天日鷲命、菅原道真公、境内社として橋本天満宮、大鷲神社が鎮座する。鳥居から続く長い参道、境内掲示の由緒によるとその昔お伊勢の森と称し樹齢4、5百年の松杉で覆われていた。(1108)Jimeidaijingu0719 Jimeidaijingu0712 Jimeidaijingu0716 Jimeidaijingu0714 Jimeidaijingu0717 Jimeidaijingu0718 Jimeidaijingu0711 Jimeidaijingu0709

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月曜日)

萬年山長松禅寺

旅地の真実は、時に視座を変え拡げなければ何も見えない!!

相模原新戸にある曹洞宗の萬年山長松禅寺を参詣。鎌倉公方足利氏満開基となり曇芳(応永6年=1339)を開山として創建。功雲寺の末寺で薬師如来を本尊としている。当寺には足利氏満による応永3年の寄進状(現存する市内最古の文書)が残されていることで知られている。幸運時臨済宗建長寺派から曹洞宗に改宗、慶安2年(1649)には幕府より寺領10石の朱印地を拝領している。ここでも江戸時代には寺子屋が開かれていた。山門前には六地蔵、緑の豊かな境内には鐘楼、多くの石像、そして鉢植えハスの花が季節のアクセントとなっている。旅、時には鳥、虫、魚の目になって見なければならない。(1108) Choushouji0671 Choushouji0674 Choushouji5092 Choushouji0676 Choushouji0688 Choushouji5095 Choushouji0696 Choushouji5099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土曜日)

横山公園

旅は体力&知力&時間力を要するものである!!

相模原市横山丘陵の高台に位置する横山公園を訪れる。ここは公園中央部に陸上競技場(13800㎡)、南端にテニス場(9100㎡)、西側に野球場(14000㎡)、東側にさがみはらグリーンプール(1998年国体時に整備、国際公認コースや飛び込みを有す)などの施設があるスポーツ公園である。運動施設の隙間に道具を置いた広場、林がうまく配されている。旅も健康、体力なくしてはの感が強い。鍛錬あるのみだ。(1107)Yokoyama_park0392 Yokoyama_park0398 Yokoyama_park0396 Yokoyama_park0397 Yokoyama_park0401 Yokoyama_park0402 Yokoyama_park0403 Yokoyama_park0407

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金曜日)

橋本の七夕まつり 2011

風物詩の今を撮ることも旅写真の原点である!!

今年で第60回を迎える橋本の七夕まつり。昭和27年商店街振興の目的で始まった地域一体型の七夕祭り、今年は8月5、6。7の3日間「橋本から元気を!!」をテーマに開催される。七夕通りをメインに200本の美しい竹飾りの下、歌・踊り・大道芸などで賑やかな橋本となる。参詣した神明大神宮参道脇にも多くの出店がスタンバイしていた。東日本大震災復興の願いを込め今夜から3日間橋本も熱い夏になりそうである。(1108)Hashimoto_tanabata0702 Hashimoto_tanabata0704 Hashimoto_tanabata0705 Hashimoto_tanabata0706 Hashimoto_tanabata0707 Hashimoto_tanabata0739 Hashimoto_tanabata0744 Jimeidaijinguu0719

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木曜日)

富鶴山本弘寺

旅は利口な者をいっそう利口にし、愚かな者をいっそう愚かにする!!(イギリスの諺)

相模原並木にある浄土真宗東本願寺派の富鶴山本弘寺を参詣。親鸞聖人のみ教えを聞法する場:本弘寺とある。ご本尊は阿弥陀如来。親鸞聖人像が立っている山門を潜ると、よく手入れされた境内のその奥に本堂がある。本堂横の小さな藤棚の休み処にて「愚かなる我が身知れよと涙する阿弥陀の大悲の深き尊さ」、「足るを知らざる者は富めりといえど貧し。足るを知る者は貧しいといえど富めり」の教の意を自問する刻が流れる。(1107)Honkouji0426 Honkouji0428 Honkouji0432 Honkouji0440 Honkouji0433 Honkouji0437 Honkouji0435 Honkouji0436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火曜日)

相模大野ハワイアンナイト

旅は希望と夢を運ぶ魔法である!!

相模大野北口商店会の夏のイベント「ハワイアンナイト」(7/30)へ。今年で三回目となるようだがコリード通りステージでは既にJazzグループの演奏がスタートしていた。8/20&21中央公園で開催される「大野もんじぇ祭り 2011」、いよいよ夏本番ここ相模大野も熱くなっているようである。(1107)Hawaian1107 Hawaian0600 Hawaian0601 Hawaian0603 Hawaian0604 Hawaian0606 Hawaian0599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月曜日)

金森山宗保院

百旅繚乱なり!!

町田原町田に曹洞宗の寺院「金森山宗保院」はある。1590年に没した吸江和尚が開山。平成になって建立された入り口の巨大な仁王門の左右には凛々しい仁王像が威容を放っている。昭和47年再建された本堂は重厚感ある白い鉄筋コンクリート造りである。十一面観音を本尊としており、武相観音霊場の39番札所でもある。本堂の左手には火除けの神として信仰されている秋葉三尺坊(秋葉大権現)を祀る秋葉殿があり、昨秋行った可睡斎(静岡)を思い出す。境内の植栽は質実で、また立ち並ぶ赤いのぼり旗が霊場らしき雰囲気を醸し出している。(1108)Souhoin0609 Souhoin0616 Souhoin0620 Souhoin0629 Souhoin0631 Souhoin0632 Souhoin001 Souhoin0614 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »