« 寺家ふるさとの森 | トップページ | 長久山本行寺 »

2011年5月 5日 (木曜日)

相模原公園 牡丹とつつじ

旅の一歩は花便りから始まる!!

相模原公園の管理事務所脇には鉢植えだが牡丹、クヌギゲート駐車場道路沿いのつつじが見ごろを迎えている。牡丹は中国原産で日本へは奈良時代に渡来してきたが、弘法大師が持ち帰ったとの説もあるようだ。中国では国花として新年を祝う花となっている。花王、白王獅子、大極殿、烏羽玉など種類も多い。ピンク、赤の大輪の花は人の心、目を魅了する。花言葉のように「高貴」で「富貴」である。つつじは庭木を代表する落葉低木で、桜と並び日本の季節を彩る花のひとつで、咲く期間も長く親しみのある花であり種類も2000種を越すというから驚きである。日本庭先、庭園、公園、お寺に欠かせない存在で毎年「つつじ祭り」のイベントも催されほどである。花言葉は「愛の喜び」、「情熱」である。(1104)Botantutuji0890 Botantutuji0884 Botantutuji0886 Botantutuji0882 Botantutuji0896 Botantutuji0902 Botantutuji0901 Botantutuji0897

|

« 寺家ふるさとの森 | トップページ | 長久山本行寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182615/51532273

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原公園 牡丹とつつじ:

« 寺家ふるさとの森 | トップページ | 長久山本行寺 »