« 戸隠古道 杉並木 | トップページ | 明治神宮 宝物殿と至誠館 »

2010年11月 4日 (木曜日)

中和山泉龍寺

旅、それは有限の時に感謝して行われるものである!!

曹洞宗(禅宗)を宗旨とし、総持寺(鶴見)の孫寺として釈迦牟尼仏を本尊とする泉龍寺は享禄年間に開山。左右に阿吽の形相をした仁王像が置かれている見事な山門と、本堂左手には昭和61年に完成し、十一面観世音菩薩と十二支守本尊仏が安置されている15mの高さの三重の宝塔がある。新しいとはいえこの地(上鶴間)にこのような重厚な造りの宝塔の存在を知りえたことは大きな収穫であった。(1010)Senryuji0419 Senryuji0427 Senryuji0431 Senryuji0432 Senryuji0429 Senryuji0426

|

« 戸隠古道 杉並木 | トップページ | 明治神宮 宝物殿と至誠館 »

コメント

中和山泉龍寺住職様

日頃、大変お世話様になっております。この度一身上の都合で昨年、平成24年2月に、町田市つくし野2-1-2から、埼玉県所沢市北中2-294-66に移転いたしました。私達も年をとり当地に足を運ぶことが困難になりましたので家族で話しあいこちらに墓地を購入いたしました。これを機に檀家を辞めさせて頂きたいと思います。お伺いいたしお願いしなければいけないのですが、この様なかたちで申し訳なく思っております。
本当に長い間お世話様になりまして有難うございました。平成25年2月18日佐藤英生

投稿: 佐藤英生 | 2013年2月17日 (日曜日) 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182615/49637201

この記事へのトラックバック一覧です: 中和山泉龍寺:

« 戸隠古道 杉並木 | トップページ | 明治神宮 宝物殿と至誠館 »