« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月曜日)

善光寺 重文財

旅地の歴史を修めることは自史の形成であり創造である!!

「遠くとも一度は詣れ善光寺 救け給うぞ弥陀の誓願」。境内には重要文化財となっている{「経蔵」、「鐘楼」に「徳川将軍大奥供養碑」、「延命地蔵尊」、「針供養塔」と必見の建造物や碑が多くある。(0904)Zenkouji06766 Zenkouji2548 Zenkouji2526 Zenkouji06769

Zenkouji2556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日曜日)

高遠城跡 石碑いろいろ

高遠城跡内にあった「コヒガンザクラの碑」、「靖国招魂の碑」、「松井芒人の歌碑」のショツト。(0904)Takatho2653 Takatho2665    Img_2699Takatho2657Takatho2701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土曜日)

善光寺 大勧進前より

旅とは心に何かを常に繋ぎとめてくれるものである!!

山門に向かって西側に位置する大勧進(善光寺の山内天台宗の本坊)への橋を渡る前からのショツト。放生池に映る紫雲閣。(0904)4_zenkouji2543   

4_zenkouji25444_zenkouji25424_zenkouji2578

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木曜日)

アルプスの山々

空は、山は旅心を掻き立てるものを有している!!

伊那(高遠)へ向かう途中サービスエリアから撮ったアルプスの山並み。青い空、雪を被った山々は何処となく郷愁を誘う。(0904)Alps2601 Alps2602 Alps2605 Alps2606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水曜日)

高遠湖より高遠城跡 その1

素晴らしい自然はあるがままに旅人を包む優しさがある!!

先に城跡内の桜雲橋を紹介したが、高遠湖からの望む高遠城。天竜川水系三峰川に建設された高遠ダム。ダム湖(人造湖)の高遠湖。さほど大きくないが高遠城の桜が映えそれは美しい。(0904)Takathoko2709Takathoko2711

Takathoko2712  Takathoko2627 Takathoko2628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高遠湖より高遠城跡 その2

三峰川統合碑とダム橋記念碑、そしてタカトウコヒガンザクラのアップ。(0904)2takathoko2642 2takathoko06822 2takathoko06825 2takathoko2637 2takathoko2638

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火曜日)

相模川芝桜 その1

旅とは地球伝説、自然節理の確認である!!

祭り期間を過ぎての訪問であったが、まだピンクの絨毯を敷き詰めたかのような鮮やかさが残っていた。相模川の環境保護で地元の人が植栽を立ち上げたようだ。今年で5回目とか、すっかり芝桜の名所となり大勢の人で賑わったようだ。(0904) Img_2760Img_2755Img_2757

Img_2775 Img_2756 Img_2754

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模川芝桜 その2

芝桜のクローズアップショツト。(0904)Img_2750 Img_2749 Img_2763 Img_2766

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土曜日)

善光寺 御開帳 その1 

旅とは他文化を見、歴史を知り、人の営みを感じること!!

旅の初日上田城跡を後にし今回どうしても見ておかねばと思っていた長野の「善光寺」を訪れる。7年に一度と言われる「前立本尊御開帳」の年で全国の人々にお参り頂く盛儀がある。本堂前にはその前立御本尊の右御手と金糸が善の綱となって結ばれた回向柱が立てられ、それを触れ御仏の慈悲をと大勢の人が並んでいる。2003年参詣者は628万人だったとか。本堂の左奥に善光寺の資料館でもあり、戦没者を祀る日本で唯一の仏式の霊廟の慰霊塔が建っている。ここにはどことなく重たい空気が漂っている。((0904)1_zenkouji2545 Img_25661
1_zenkouji2536

1_zenkouji2541 1_zenkouji2557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木曜日)

上田城跡公園 その1

旅という行為の持つ人類的な意味を考えねばならない!!

旅の初日は上田市の観光拠点としてまた花見の名所となっている甲斐武田氏の旧臣である真田昌幸が1583年に築城した上田城へ。今は場内には石垣と櫓が残っているだけで公園となっているが、樹齢100年と言われるケヤキ並木やピンクに咲き誇る千本の桜の回廊には大勢の花見客で賑わっていた。脱日常の空間で改めて旅とは何か?を・・・。(0904)Uedajyoshi2469 Uedajyoshi2460

Uedajyoshi06745Uedajyoshi06740 Uedajyoshi06741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上田城跡公園 その2

桜とお城、そこにまつわる二基の櫓門、真田石(太郎山から掘り出したという大石:東虎口櫓門の石垣に組み込まれた石柱)と境内の奥にある真田井戸(抜け穴として城北の太郎山の麓の砦に繋がっている)がある。(0904)Uedajyoshi2474 Uedajyoshi2467 Uedajyoshi2480 Uedajyoshi2481 Uedajyoshi2492

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水曜日)

高遠城跡公園 桜雲橋 その1

旅することは自分に触れることである!!

桜の名所として知られる高遠城跡公園へ。丁度満開で公園内は独特の色合いが特徴のタカトウコヒガンザクラ1500本が桜色に染め上げていた。全国でも屈指の桜の名所だけあって入場者も半端ではない。人波にもまれてもっとも人気あるスポット「桜雲橋」へ。池に浮かんだ花びらと周辺の桜が二重に映し出され幻想的な一枚となった。(0904)Ounkyou2668 Ounkyou2675 Ounkyou06831 Ounkyou06828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高遠城跡公園 桜雲橋 その2

下から見上げる桜雲橋。名の通り美しい橋である。コヒガンザクラとのコントラストが映える景観は格好の被写体である。(0904)2ounkyou2674 2ounkyou2676

2ounkyou068302ounkyou2679 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火曜日)

志賀高原の雪原 その1

旅とはファンタジーを追い求める行為そのものである!!

今回の旅の宿泊は志賀高原。なんとまだ雪が残っており、スキーもできそうである。昼間の長野、上田市内は真夏日の暑さであったのにここはまさしくファタジーの世界 。旅ならではの1日を味わうことができた。(0904)Shiga2587 Shiga2584

Shiga06787 Shiga06796 Shiga06806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土曜日)

沖縄旅行 恩納のお菓子御殿

旅とは自修自得である!!

美ら海水族館から首里城正殿をモチーフにしたと言われるこのお土産屋に。確かに朱色の門構えは似ている。店内は紅芋タルトをはじめ菓子の甘い香りが漂っていた。(0902)Okashigoten06191 Okashigoten06192 Okashigoten06193 Okashigoten06194

Okashigoten06198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木曜日)

東京タワーと桜のコラボ

旅とはこの瞬間の空気感を受容することである!!

東京のシンボル、観光の名所は言わずもなが。綜合電波塔が本来の役割だが、333メートルもそびえる赤塔は東京のいたるところから見える高さ。もう50年になるという。久々の訪問であった。(0903)Tokyotower06447 Tokyotower06439 Tokyotower06444 Tokyotower06445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水曜日)

芹沢公園の桜 その1

旅には春を告げる桜花の美と香、その極致がある!!

相模野の台地の斜百樹林と平坦な低地部分からなるこの公園は古くから水源滋養林として自然環境が保全されてきたところ。ひろびろとした芝の広場には桜が満開を迎えていた。またここには高座海軍工蔽の地下壕のあとが残っていた。(0903)Sarizawa06698 Sarizawa2454

Sarizawa2453 Sarizawa2447 Sarizawa06706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月曜日)

長興山紹太寺しだれ桜

旅、それは論より体験である!!

箱根登山鉄道「入生田」駅からややきつめ目の坂を歩くこと20分、見事に満開となったしだれ桜(神奈川銘木百選になっている)とご対面。長興山紹太寺は稲葉一族の菩提寺ということであった。(0903)Syoutaiji01844 Syoutaiji01845 Syoutaiji01847

Syoutaiji01848 Syoutaiji01852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土曜日)

座間キャンプ 桜まつり その1

旅とは国内における異空間の恩恵を受けることがある!!

今日は米陸軍の座間キャンプの「桜まつり」である。ゲートで持ち物検査をされやっと治外法権のキャンプに入場する。基地内に咲き誇る800本の桜(ソメイヨシノ)を見ながら基地の食べ物を求め、生演奏を聴きしばしアメリカ気分に浸る。キャンプ内のお店、芝で寛ぐひとびと。 開演を待つ舞台。基地内の一角に日本の石灯籠が建ててある。春爛漫、祭り日の設定もジャストタイミングでキャンプ内の桜も満開である(0904)1zamacamp066932zamacamp06669(0904)1zamacamp06686


 

 1_zamacamp066471zamacamp06648

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金曜日)

恩田川の桜 その1

旅とは季節を人生を謳歌することである!!

やっと春本番。ポカポカ陽気の今日は満開の恩田川の桜並木を訪れる。高ヶ坂から成瀬への遊歩道を歩く。 河畔には桜並木が数キロに亘って続く花見の名所。まるで桜のトンネル、回廊を思わせる。川面に映える桜の景観はどこを撮っても絵になるものである。(0903)1ondagawa2418

1ondagawa24271ondagawa06640 1ondagawa06630 1ondagawa06636

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水曜日)

増上寺を参拝 その2

風格漂う「大殿」、「安国殿」の秘仏黒本尊、聖観音菩薩像、聖鋏観音像、魚供養碑と600余年の重厚さが伝わってくる。桜も綺麗であった。増上寺今月のことば「深い反省=愚かな私 欠点だらけの私 煩悩だらけの私 罪深き私 それでも仏 われを救い給う ありがたきかな」であった(0903)Zoujyouji06452 Zoujyouji06455 Zoujyouji06465 Zoujyouji06470 Zoujyouji06483 Zoujyouji06472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »