« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水曜日)

曹洞宗萬頂山高岩寺

旅、時として感謝することを教えられるものである!!

巣鴨のとげぬき地蔵尊で知られる「曹洞宗頂山高岩寺」が今年の詣で収めの地となった。400年前に開かれというから歴史は古い。本尊は「とげぬき地蔵」として霊験あらたかな延命地蔵菩薩は拝むことはできない。とげぬき地蔵尊御影を痛いところ貼ったり飲んだりするといいとか。「洗い観音」聖観世音菩薩にこの一年無事に旅できたことへ感謝の気持ちをこめ水をかける。(0812)Sugamo05776 Sugamo05785 Sugamo05783 Sugamo05786 Sugamo05792

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火曜日)

小江戸川越を行く その5

旅とは太古の歴史空間へ誘ってくれるものである!!

いよいよ蔵の街へ。来春から始まるNHK朝の連続ドラマ「つばさ」の舞台となったところ。川越市の老舗の和菓子屋の跡継ぎを夢見る女性の話だとか。蔵造りは類焼を防ぐ耐火建築で江戸の町屋形式として発達したもの。ここ蔵造りの建物が並ぶ一番街は江戸の面影をとどめる貴重な存在。最盛期には100軒の蔵が建ち、現在では文化遺産として30軒程の蔵が残存している。人力車がはしり、日本の音風景百選のひとつ「時の鐘」は川越のシンボルとして1日4回時を知らせている。(0812)Dsc05751 Dsc05756a 

Dsc05757 Dsc05702Dsc05704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月曜日)

小江戸川越を行く その2

旅は改めて自文化・歴史を学ぶ好機をもたらしてくれる!!

今日は城下町としての名残あるまた来年NHK連ドラの舞台ともなる川越を歩く。まずは天海大僧正、家康、家光、春日局ゆかりの川越大師喜多院へ。山門、慈恵堂(江戸城の一部を移築)、多宝塔、仙波東照宮は文化財としてどれも素晴らしいものであった。(0812)Dsc05641 Dsc05646 Dsc05652 Dsc05654 Dsc05655

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木曜日)

フランス  ロワール アンボワーズ城 

旅写真は出会いの歓びを表現することである!!

ロワール河を見下ろす小高い丘の上に立つアンボワーズ城。下車しての写真撮影だけであったが、この城の歴史は、古くはガリア=ローマ時代にもさかのぼり、最盛期を迎えたのは15~16世紀のことだという。シャルル7世、ルイ11世、シャルル8世、フランソワ1世ら国王たちが過ごし、後のカトリーヌ・ド・メディシスが頻繁に訪れた由緒ある城は白く美しくロワール河と一体となっている。そろそろフランスの旅投稿も終わりに近づいてきました。(0804)Amboise_0855 Amboise_0856 Amboise_0860

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木曜日)

フランス  ロワール シュノンソー その7

旅とは自己の次なる飛躍のため行動・営みである!!

ロワールの城の中でもこの城にまつわる様々なエピソードを有することで最も有名。カトリーヌ王妃が作った白亜石とストレートのタイル張りの床、美しい梁天井のギャラリーは豪華な舞踏会の場所。セザール、デストレの居室の家具・調度品の数々。ルネッサンス様式の端正でしかも華麗さを魅せ付けられた想いである。(0804)7_chenonceau04711

7_chenonceau047227_chenonceau047317_chenonceau047417_chenonceau04740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土曜日)

鎌倉 長谷寺

旅は時として世界観、人生観をも変えるインパクトを有する!!

12月の穏やかなこの日、鎌倉でも有数の古刹であり、往古より「長谷観音」の名で親しまれている「海光山慈照院長谷寺」を訪れる。金色の光を放つ本尊の十一面観世音菩薩には佇み魅入ってしまう。しばし鎌倉時代の世界へ。「はせてらへ まいりて沖をなかむれは 由井のみきはに立てはしら浪」(御詠歌)(0812)1hasedera1885 1hasedera1892 1hasedera1891 1hasedera1881 1hasedera1890

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »