« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金曜日)

竜頭の滝 その2

旅地には自然の地球の鼓動を感じるときがある!!

日光で竜頭の滝周辺が最も早く紅葉する。紅葉はどうも渓流の流れとその冷気が作用・関係してるらしい。錦の衣をまとったようなその自然が織り成す美しさは今年も訪れた者を楽しませくれた。時の流れそして移りゆく季節の中しっかりとこの被写体を心に留められたであろうか。(0611)Ryuzu_taki0885_no2 Ryuzu_taki0886_no2

Ryuzu_taki01661_no2 Ryuzu_taki01659_no2 Ryuzu_taki01657_no2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木曜日)

鎌倉 円覚寺 柏槙

旅、それは心の豊かさを育む!!

山門の後ろに樹齢700年以上と言われる香木柏槙がある。中国南栄の禅僧無学祖元が植えたとされている。幹が捩れ赤い樹芯が露わとなってなんとも強烈な印象である。どうやら元は仏様を選び出す場所だったらしい。(0810)Kamakura_hana05239 Kamakura_hana05225 Kamakura_hana05224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水曜日)

中国 大連 北大橋

旅は遺された歴史への共感を希求する行為・営みである!!

老虎灘公園より濱海路の方へ向かうと大連と北九州の姉妹(友好)都市締結の記念として20年前に造られた大きな吊り橋が「北大橋」。ここにも日本との係りを見た。(0703)Hokutai03308 Hokutai03309 Hokutai03314 Hokutai03311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金曜日)

フランス パリ コンコルド広場 その1

旅とは楽習であり楽集である!!

ルイ16世、王妃、1000人以上の貴族、政治家が処刑された場所。「自由よ、汝の名の下にいかに多くの罪が犯されたことか!」(ロラン夫人)。コンコルドは調和、中央にはその象徴か白亜の塔オベリスクが・・・・(0804)Img_1087 Img_1090

Img_1093 Img_1083

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水曜日)

フランス パリ エッフェル塔

旅とは人類の歴史を感じさせる建造物に感動するもの!!

今から120年前にフランス革命100周年を記念し開催されたパリ万国博覧会のために建てられたもの。当初万博終了後は取り壊される予定が軍事的な通信目的で残すことになり、いまやフランス・パリのシンボル=観光名所となっているのだからなんとも・・。フランスの旅も4日目、車を降りた直後青空が広がり、その空間にそびえる塔とのコントラストがカメラ心を否応なく擽(くすぐ)る。(0804)Eiffel_tour1020 Eiffel_tour1030
Eiffel_tour1033 Eiffel_tour1036

Eiffel_tour1038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月曜日)

イタリア ④ナポリ ホテル

旅を楽しむ為の成功要件には先ず塒(ねぐら)の確保から!!

旅も5日目、今夜の宿泊はナポリ。黄色で統一されたまあまあ綺麗なホテルで旅仕上げの塒としては及第点か?植え込みにはシクラメン、ホテル前方には名前は定かでない山を発見、記憶のシャッターを押す。(0501) Naples_hotel0062

Naples_hotel0065Naples_hotel0066Naples_hotel0064 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土曜日)

ひたちなか市運動公園へ

旅とは自身の見聞録創作へのひとつのステップか!!

スポーツの綜合施設、近くには数々のイベント催される海浜公園ありと開発が進み中々いい空間を形成している。幹線道路から数百メートルはある公園までの通り、歩道の木々のコントラスト、これも計算され創造されているのだろう。(0311) Hitachi00024 

Hitachi00025Hitachi00023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木曜日)

フランス パリの街角いろいろ その1

旅とは人生を輝かせるエッセンスである!!

シャンゼリゼの街角にあった赤いテントを張り出したカフェ。通りには洒落たカフェテラスがいくつもあり、椅子とテーブルで歩道を占領している。ルイビトンのビル、三越(撤退といわれた)のウインド、眼を惹く広告や看板、キュートでエレガントなお店などなどやりパリはお洒落な街である。(0804)Paris1076_3 Paris1075_2 Paris04935 Paris04936

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月15日 (水曜日)

鎌倉 鶴岡八幡宮 その1

旅とは遺された本物の歴史を辿ることである!!

建長寺から鎌倉のシンボル鶴岡八幡宮へ。舞殿、銀杏の大木、61段の大石段、国重文の本宮へ。深い杜の緑と鮮やかな朱色の御社殿が見事に調和。800年余の永い歴史に向き合った史都鎌倉の旅、今日を生きた証(足跡)として遺したい。(0810)Turugaoka1610a Turugaoka05248a Turugaoka1600a Turugaoka1598a Turugaoka1596a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火曜日)

鎌倉 建長寺 その1

旅の価値はあくまでも何を得てきたかである!!

見応えあった円覚寺を後に巨福山建長興国禅寺へ歩を進める。鎌倉五山の第一位、臨済宗建長寺派の大本山。北条時頼が建立したわが国の最初の禅寺。開山(創始者)は蘭渓道隆。仏殿、三門、方丈、梵鐘など国重文に心が眼が釘付けとなる。(0810)Kentyouji1548 Kentyouji1549 Kentyouji1550 Kentyouji1552 Kentyouji1553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月曜日)

鎌倉 円覚寺 その1

自分で調べることから旅が始まる!!

今日は臨済宗大本山「円覚寺」を訪れる。境内ところどころ色付き始めた木々は見られたがまだ紅葉には早く、仏殿、開基廊、山門、生続院、居子林、方丈など幾度となく建て直されとは言え往時の風格を偲ばせしばし鎌倉時代の世界に浸る。(0810) Enkakuji1480

Enkakuji1479Enkakuji1492   Enkakuji1494Enkakuji1493

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金曜日)

フランス パリ ルーブル美術館 その1

旅地(フランス)の芸術の高さ、奥深さを再発見する!!

今回の旅の目的の一つは30万点を越すコレクションが保有されていると言われる「美の殿堂」=「ルーブル美術館」である。入り口の中庭に建つ独創的なガラスのピラミッド。チケット売り場は長蛇の列ができている。セキュリティを通過、いよいよ入場である。果たしてどういう美の世界へ誘い魅せてくれるのだろうか?わくわく感が増幅される(0804) 1_louvre04891

1_louvre048491_louvre048531_louvre04920 1_louvre04921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木曜日)

スペイン マドリッド プラド美術館

旅とは異文化、芸術への共感を希求するもの!!

マドリード滞在最終日、一度は訪れたいと思っていたプラド美術館へ。世界有数の国立美術館で、18世紀にカルロス3世が計画し、1819年に王立美術館としてスタートした。スペイン王室が集めたコレクション数は、美術館では世界一。また、スペインの画家、ゴヤの作品コレクションでも世界一だというだけありほんとに見ごたえがあった。またスペイン内戦の悲劇を描いたピカソの「ゲルニカ」も鑑賞することはできたが残念ながら撮影できず(0309)Dsc00366 Prado00364 Prado00360 Prado00357 Prado00352

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火曜日)

フランス パリ 凱旋門 その1

旅は人を変え、人生を変える!!

フランス/パリの象徴的な建造物といえばこの凱旋門。ここを中心に12本の通りが放射状に延び、その形が光り輝く星のように見えることから星の広場と呼ばれたらしい。通りの代表であるシャンゼリゼ通りはあまりにも有名。やっと、念願の場に立ったことで私の何かが変わるはずである。(0804)D1002592 

Dsc04988Dsc04990Dsc04989  Dsc04980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土曜日)

木戸池

旅とは制約された中での自由空間を創造すること!!

志賀公園の中心に位置し標高1640mにあって、透明度高く白樺、ダケカンが池に映え、バックの笠ヶ岳を見る美しい池であった。自然に囲まれた環境、温泉もありキャンプ、ボート、釣もできそれこそ自由空間を作れそうである。鯉がえさをねだりにやってきた。(0808)Img_1400 Img_1394 Img_1396 Img_1391 Img_1398 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木曜日)

フランス パリ ヴェルサイユ宮殿 その3

旅とは歴史の変遷を辿り再検証することか!!

宮殿はもちろん、庭園といい、ラトナの泉にアポロンの泉、そして一直線に伸びる大運河とすべてが一級の芸術品だが、そこには王家と封建貴族、そして建設に携わされた多くの人々・・・・のちに革命、破滅の道へ辿ることになろうとは。(0804)Versailles3_1016_2 Versailles3_1017

Versailles304827 Versailles3_1011 Versailles4_0994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水曜日)

田の原公園&湿原 その1

旅とは目の前の情景を心で捉えることである!!

かつて木戸池が大きな湖(旧志賀湖)だった時、湖底部分が干上がり、今の広々とした高層湿原となったようだ。木道を散策しながら植物観察を楽しむ。(0808)Tanohara_1372 Tanohara_1373 Tanohara_1374 Tanohara_1376 Tanohara_1377

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »