« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月28日 (金曜日)

阿蘇の山々(五岳)

最も長い旅路は自分の心に向かう旅路である!!(タグ・ハマーショルド)

阿蘇休暇村、あそ望の郷から臨む雄大な高岳と根子岳。釈迦涅槃像に見立てられている五岳、顔に当たる根子岳から胸に当たる高岳に伸びるラインが美しい。(Img_04410803)D1002544_2   Img_0445 Img_0450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木曜日)

鮎返りの滝

未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅行者である!!(湯川秀樹)

南阿蘇栃木温泉近く白川にかかる滝として知られる、落差 40メートル幅20メートルの直爆。滝が余りにも高いことから鮎が引き返したという名前の由来がある。(0803)Img_0426 Img_0429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水曜日)

紀尾井町通りを行く

旅路の命は路用の金!!

赤坂プリンスホテル、ホテルニューオータニ、有名なブティックが立ち並ぶこの通りにを歩く。ため池に開花した桜が映え、春の日差しを浴び清水谷公園へ。(0803)Dsc04541Dsc04542

Dsc04546 Dsc04544

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月曜日)

阿蘇の日没

旅行は寛容を教える!!(ベンジャミン・ディズレーリ)

一日の終わりを告げる夕陽。惜しくもありがたさを感謝する瞬間。(0803)Dsc04512_3 Img_0433

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日曜日)

機上からの山並み(空撮)

旅の足は時として旅客機なしでは果たしえないもの!!

3月の後半とはいえアルプスの山々はまだ雪に覆われている。それがまた美しさとなって機上の旅人を魅了しているのかも知れない。(0803)Dsc04432a Dsc04436a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土曜日)

花シリーズ①

旅は心身を癒すリフレッシュ剤である!!

ハーブ園に咲いていた花(0802)Img_0240_2 Img_0243 Img_0245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金曜日)

花シリーズ②

旅とは溢れる生命力を体感することである!!

毎年開花するその不思議な生命力に驚かされる(0802)Img_0246 Img_0247 Img_0248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月曜日)

雛の吊るし飾り

旅のよい道連れは旅路を短くさせる!!(ウォルトン)

松田山の帰りふと立ち寄ったお店のつるし雛が目に留まる。全国に流布されたつるし雛、その発祥と誕生地は伊豆稲取だとか。江戸時代から伝わる風習で、長女の初節句と無病息災、良縁を祈願しひな壇の両側につるしたと。(0802)Img_0260 Img_0261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土曜日)

松田山 ④富士山

旅は豊かな時を刻む魔法である!!

松田山から望む富士山はまだ雪化粧をしている。明峰に相応しい美しい雄姿を拝むことができた。(0802)Img_0228_2 Img_0229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松田山 ③桜

旅写真には自己の画像意思を投影したい!!

丘一面に河津桜、河津から移植した260本の早咲き桜も今年は開花が遅れ残念ながら4~5分咲であった。それでも十分春の兆しを感じることができた。(0802)Img_0219_2 Img_0221 Img_0227 Img_0253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松田山 ②菜の花

旅は自分の歩んできた人生の来し方、行く末に思いを馳せるものである!!

ピンクいろの河津桜と黄いろの菜の花、このコントラストがたまらなくいい。(0802)Img_0218 Img_0235

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »