« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水曜日)

虹の郷(修善寺)

旅とは時として童心に帰ることか!!

園内にはイギリス村、カナダ村(ネルソン)、インディアン砦、フェアリーガーデン、日本庭園、匠の村、伊豆の村配置され、ミニ蒸気機関車が走っている。年中花に彩られるようでこの季節藤、しゃくなげ、はなしょうぶ、紫陽花、薔薇が。美しい外国の街並み、異国に来ているような錯覚に。久しぶりに童心に帰った1日であった。(0706) Dsc03680

Dsc03682

Dsc03706Dsc03708

| | コメント (0) | トラックバック (1)

虹の郷(修善寺) その2

園内にはお花畑が各所に配置され、イギリス村、カナダ村と異国情緒が漂う。ミニロムーニ鉄道も走っておりまるでお伽の国に来たかのような・・・。(0706)Dsc03683a Dsc03686a Dsc03688a Dsc03696

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹の郷(修善寺) その3

イギリス村一角に皇族の御印がある。(0706)Dsc03701a Dsc03700 Dsc03709 Dsc03710b Dsc03711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹の郷(修善寺) その4

園内からは明峰富士山を拝むことができた。(0706)Dsc03704a Dsc03697 Dsc03691 Dsc03692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日曜日)

来宮神社の大楠

旅とは訪問地の起源、由来に人生を教えられるものである!!

熱海市西山町に和銅3年(710)に創建された「来宮神社」はある。主祭神は大己貴命、五十猛命、日本武尊である。境内にある樹齢二千年、日本最樹齢の大楠は国の天然記念物というだけあり、その大きさ迫力に圧倒されてしまう。周囲はなんと23.9メートル、正面左の幹は台風で失われているが、今なお成長しているようであり、その大楠の生命力には驚かされてしまう。大楠の周りを一周すると一年寿命が伸び、願い事をすれば叶うとか。中にはなぜか十周もする人がいる。願いは一つだけ。Dsc03747bDsc03746b 何事も欲張ってはいけない。(0706)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土曜日)

起雲閣(熱海)

旅とは悠久の空間に浸ることか!!

海運王内田信也氏によって建てられ、大正・昭和のロマンあふれる名邸と言われる=起雲閣=へ。日本を代表する文豪がたちにも愛された熱海三大別荘のひとつ。数多くの作品がここで生まれたという。緑豊かな庭園では猫が毛繕い中、日中欧の装飾様式が融合した洋館、施設に歴史の一ページが刻まれているようだ。(0706)Dsc03737b Dsc03734b Dsc03736b Dsc03738b Dsc03741b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水曜日)

ニュージーランド ④テカポ

旅先で出会った風景、まさしく一期一会である!!

テカポ(TEKAPO)はクライストチャーチからマウント・クックの路線上にあり、マッケンジー・カントリーの中心標高710mの高さにある湖に面した人口1000人もいない小さな々町で、日本の様に商店などない。氷河期の地形の名残といわれるテカポ湖、ミルキーブルーと形容されるくらいかすかに濁りを帯びていた。聖書にも出てくる「善き羊飼い」の教会、バンウンダりーの犬の像が迎えてくれた。(0106)Nz202c1 Nz202a1

Nz202b1_1 Dsc00093_edited_1 Dsc00099a_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 7日 (木曜日)

水無月園 菖蒲

旅とは季節そして花との巡り会いである!!

花しょうぶかがやく雨の走るなり(中村汀女)。艶のある花、剣状の葉にはやはり雨の季節が良く似合う。錦絵にも描かれ日本の風情を感じる清楚な花である。途中幸運にも孵ったばかりの鳥の雛に逢うことができた。(0706) Dsc03663 Dsc03654 Dsc03660 

Dsc03640Dsc03662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月曜日)

スペイン ⑪トレド その1

旅とは人の空間的移動である!!

スペインの旅も8日目、マドリッドからスペインの古都トレドへ。画家エル・グレコが愛した古都であり日本の奈良と姉妹都市だとか。トレドは数々の宗教(キリスト、ユダヤ、イスラム)が共存した時代があり、ヨーロッパではトレドの文化水準(軍事・農耕・建築・工芸・金融・医学等)の高さはずば抜けていた。スペイン帝国の都として繁栄したトレドに足を踏み入れ、大聖堂、タホ川、サンマルティニ橋を渡りいよいよこの旅も終わりに近づいている。(0309) Dsc00330a Dsc00331a_2 Dsc00332 Dsc00336

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金曜日)

大連 ③満鉄

旅とは日本の歴史を辿ることである!!

大連市街から8路の途中にかつて満鉄の日本人社宅であった旧日本人街がある。あえて残してあるのだろうが歳月と共に荒んで、古い佇まい見せている。この道を隔てるとモダンな住宅が立ち並んでいたり、反対側には美しい公園も完成しておりこの落差に心なしか侘しさを感じる。旧満鉄本社ビルを訪れる。(0703)Mantetu_03366 Mantetu_03368 Mantetu_03367 Mantetu_03371

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大連 ③満鉄 その2

大連満州鉄道続き(0703) Mantetu_03372

  Mantetu_01470Mantetu_03373_2 Mantetu_03374

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »