2016年3月26日 (土曜日)

九十九里浜 白子温泉

房総半島東岸にある太平洋に面している66Kmの海岸「九十九里浜」、かつてここ九十九里浜には幾多の文豪が海岸線の美しさを「日本の原風景/日本の白砂青松」と絶賛している。九十九里浜の中央に唯一の温泉地「白子温泉」(千葉/長生郡白子町古所)がある。勝浦断層2000mより上がってくる灌水を元とし、ヨウ素が含まれ薄く黄色がかっていることから「黄金の湯」と称されている。今夜の塒は砂浜に可憐に咲く浜昼顔イメージした造りの「ホテル青松亭白砂」である。4個の風呂を備え湯けむりに身を任せ、早朝(6:15)には日の出を拝めるという至福のひと時。近くにある正一位白子大明神、房総随一北辰大帝の「白子神社」(創建:永承3年=1048、主祭神:大国主大神)を参拝する。(1302)Shirako0570Shirako0575Shirako0576Shirako0583Shirako0593Shirako0557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金曜日)

恩田川桜祭り2016 開花状況

町田市を流れる恩田川沿いに2kmに亘って約400本のソメイヨシノの桜並木が続くことで知られる。いよいよ桜の季節到来でここ「恩田川桜祭り」は3/26274/23開催が予定されている。3月に入って寒い日が続いていたが、今日は気温も上昇し20度近い4月上旬の暖かさとなり主役の桜にとっては恵の気温となった。遊歩道は全体的にまだ蕾状態だが、日当たりのいい一か所で数本に愛らしいピンクの蕾を膨らませ今にも開花しそうであった。(1603)Ondagawa_sakura1872


Ondagawa_sakura3905

3/24の状況(少し咲き始めた)

Ondagawa6446

Ondagawa6468



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月28日 (土曜日)

~富士と桜と大パノラマ~「第17回まつだ桜祭り」2015

~富士と桜と大パノラマ~がキャッチフレーズの「第17回まつだ桜祭り」が2月14日(土)から3月15日(日)まで開催されている。見頃の花便りに胸躍らせ会場へ。西平畑公園の斜面は260本の河津桜と5000本の菜の花で見事に埋め尽くされていた。少し気温が上りはじめた陽気に開花が進んだようだ。春を告げる桜の開花を待ち焦がれた季節到来である。桜は人の目を心を虜にし、魅了しまくる美しさである。霊峰富士山も雪化粧した雄大な姿を見せてくれた。もうあと数日で満開を迎えそうである。(1502)Matsuda_sakura_7661
Matsuda_sakura_2066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水曜日)

旅の始動は初詣とオールジャパン観戦から

代々木の杜(渋谷神園町)に明治天皇と昭憲皇后の御神霊をお祀りする「明治神宮」は鎮座する。毎年新年の3が日の初詣で数は300万人を超えと全国一位を誇る。今日は4日、原宿より南神門へ通じる参道は3が日程ではないがそれでも大勢の参拝者の列、そこを掻い潜り拝殿/本殿へ。南神門は入場制限もなくスムースに外拝殿へ。今年一年の平穏無事と実りある旅をと「本殿」へむけて頭を下げ手を合わせ祈願する。やはり新年の初詣という儀式は厳粛で清々しい。原宿駅前の竹下通りを左折し東吾元帥を祀る「東郷神社」へ足を運ぶと境内は若者で賑やかな竹下通りとは別世界の静けさである。2社参拝後、渋谷の「金王八幡宮」と「豊栄稲荷神社」、最後に表参道にある「青山善光寺」を参拝した。五社寺の初詣で終了後は、代々木体育館で開催されている新年恒例の「全日本総合バスケットボール選手権大会」女子3日目「デンソー対トヨタ紡織」のゲームを観戦した。交互に点を入れ合う面白いシーソーゲームであったが、WJBL上位のデンソーが63:59で勝利しベスト8へ進出した。10日の準決勝はトヨタ戦である。今年優勝を狙うデンソーが果たしてどのような戦いをするのか期待が高まる。(1501)Meiji_jingu_0119
Thogo0143
Zenkoji0183

Yoyogi_aj0241







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火曜日)

人気ブログランキング

<a href="http://blog.with2.net/link.php?1709549">人気ブログランキングへ</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金曜日)

第11回 相模大野 クリスマス ゴスペル ライブ

第11回 相模大野 クリスマス ゴスペル ライブ Xmas gospel live」が昨夜18:00から「ボーノ広場」で開催された。開始前とライブ中に時折ひらひらと小雪舞い散るまさしく「ホワイトクリスマス」の中、既に100人近い人が幾重にも列をなしていた。「元サカース」の嶋田トオルプロデュースによる 「嶋田トオル with COMODO CHOIR」男女60名の生声によるクリスマスソングの見事なハーモニーが会場を包んだ。中ほどで今年から新たに20名の子供たちによるゴスペルもあり、合計20曲近い歌声に酔いしれた。テンポが速い歌に合わせて会場からは手拍子も加わり予定時間をオーバーするという大盛り上がりのクリスマスライブであった。(1412)Xmas_gospel1328

Xmas_gospel0004

Xmas_gospel0024

Xmas_gospel1390

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木曜日)

第12回相模原よさこいRANBU!!2014

相模原小淵の秋の祭典「第12回 相模原よさこいRANBU!!」が今年は42チーム約1100人の踊り手が参加し開催された。今年も推定十数万人観衆で各会場は多くの人垣であふれるほどの賑やかさであった。10:30開会式では実行委員長&市長の挨拶の後、総踊りがこの祭典を一気に盛り上げる。11:25から5会場で各チームに別れいよいよよさこい祭りがスタートした。文字通り乱舞、乱舞である。15:20には大賞が発表された。よさこいRABU大賞に「」、ベストスマイル賞に「舞ルネサンス」、どっこい賞に「カラス(鴉) 」、ハーモニーズ賞に「破天荒」、グレートインパクト賞に「北里三陸湧昇龍」が輝いた。快晴のもと「小淵」が熱く暑く燃えた一日であった。(1409)Yosakoi_ranbu0001

Yosakoi_ranbu0486

Yosakoi_ranbu0490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水曜日)

第28回 フェスタまちだ2014 町田エイサー 終わる!!

今月13日/14日の二日間「第28回 フェスタまちだ2014 町田エイサー」が26チーム1000人のエイサー参加のもと「カリヨン広場」、原町田通り「東急会場」&「浄運寺会場」、「市民広場会場」で行われ、大勢の人で賑わい町田はエイサー一色となった。(1409)Festa_machida0540

Festa_machida5736

Festa_machida0603

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座間かにが沢公園 曼珠沙華 開花状況 2014

暑さ寒さも彼岸までの言葉通り、やっと涼しくなりここ座間の「かにが沢公園」にも秋の訪れを告げる花「曼珠沙華」(彼岸花)が咲き始めた。まだ蕾のものもあり6~7分咲きくらいだろうか?4年前に公園西側の斜面(約350㎡)に5千個の球根を植えたのが始まりで座間の新名所として定着し始めた。赤や白、ピンクの三色の7万個の曼珠沙華が配置されその彩りを同時に鑑賞できる。まっすぐ伸びた茎の先端に鮮やかな線状の花を咲かせる曼珠沙華はやはり秋を代表する花である。これから「かにが沢公園」は赤い曼珠沙華に彩られる美しい季節を迎える。23日は「観賞のつどい」が開催される。(1409)Kanigasawa0628

Kanigasawa0637

Kanigasawa0651

Kanigasawa0636

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月曜日)

第10回大野もんじぇ祭り 2014年  2日目

今年も大野中央公園で夏のイベントFoods&Muisic Festa第10回大野もんじぇ祭り」(地元グルメとジャズ=音楽の祭典)が昨日から始まり今日は二日目である。昨日は午前中雨が降り開催が危ぶまれたが午後晴れ初日がスタート。「もんじぇ」フランス語で食べる「Mangez」、「どうぞ召し上がれ」という意味らしい。食と音楽を通してみんなを結ぶ”心の祭”を表しているとか?今年は30の飲食店屋台と12組のジャズライブがブログラムされている。昨年はなんと53000人が来場、今年は更新する勢いで大勢の人が市を代表する風物詩となったこの祭りを楽しんでいる。公園内には美味しい匂いが立ち込め、大勢の来場者が楽しそうに飲み舌鼓を打ちながらJAZZの歌声&演奏に耳を傾けている。夕闇迫るころ会場に着くと18:00からステージでは「Ann」の演奏が始まっていた。19:00からは「滝ともはる」のライブ、ジャズ特有の軽快なリズムがなんとも心地よい。幾分涼しくなってはきたが厳しい残暑の中、熱気に溢れ大野が燃え上がった。(1408)Mangez_1

Mangez5663

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土曜日)

座間ひまわりまつり 座間会場 始まる!!

今月14日より座架依橋、新田宿、四ツ谷、中西東側の会場で座間の夏の風物詩の一つなっている「座間ひまわりまつり」がスタートした。当日はあいにくの天気であったが45万本のひまわりがほぼ満開となって黄色一色の世界を創り出していた。これだけ咲き揃うと壮観である。まつりは19日まで行われるが、そのあとは刈り取られ焼酎やクッキーといった特産品として販売されるらしく楽しみである。(1408)Zama_himawari_0001

Zama_himawari0085

大輪のひまわり 美しい花姿で猛アピールしている
Zama_himawari_0087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土曜日)

第62回 橋本七夕まつり 2014 始る!!

かながわまつり50選」のひとつ「橋本七夕まつり」が今日14:00からスタートした。8日・9日・10日の3日間の祭りが繰り広げられる。昭和27年スタートしたまつりも今年で63回目を迎えるというから歴史は長く古い。橋本駅に着くと既に改札前は飾り付けがされて七夕一色のの雰囲気である。インフォメーションでプログラム&マップを貰い早速200本の美しい竹飾りが付けられている通りへ。浴衣姿の女性や思い思いの服装で祭りを楽しむ大勢の人で賑わっている。各所に模擬店も設置され美味しい匂いが立ち込め食欲をそそる。七夕駅前ステージの他5つの会場(ステージ)で鼓笛バンド、よさこい、ダンス、大道芸、ハワイアン等々のプログラムが用意されている。40万人の人が訪れるというこの「橋本七夕まつり」、街はまさしく七夕一色のムードとなっている。(1408)Hashimoto_tanabata_001

Hashimoto_tanabata0358

Hashimoto_tanabata0368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月曜日)

第23回 東林間サマーわぁ!二バル 2014

毎年10数万人が訪れる相模原の4大祭りのひとつ、夏の風物詩となった東林間阿波おどり「第23回 東林間サマーわぁ!二バル」が8/2~8/3行われた。東林間の熱い暑い二日間が終わった。地元からは「東林間連」、「あうん連」、「ほたる連」、「伍楽連」、「小田急相模原よりひより連」、そして本場徳島からは「平和連」他、高円寺、神奈川大和、経堂と今や全国から30数チーム延べ3000人の踊り子が出場し三味線、太鼓、笛、鐘、鳴り物による軽快なリズムに乗って各演舞場からの東林間の街(駅前東西に伸びるシャンテ通り)を「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」と練り歩く。その踊りのさまは一見は軽妙でコミカルだが統一された美しさがある。通りには模擬店出店が並びシートや椅子を用意した見物客が飲食に舌鼓をうち阿波踊りを楽しみ酔いしれた。踊り手と観客が一体となったこのイベント盛況裏に幕を下ろした。(1408) Samer_wanibal_poster


Samer_wanibal5296


Samer_wanibal5324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月31日 (木曜日)

第38回神奈川大和あわおどり 2014年

今年も大和市最大のイベント「第38回神奈川大和阿波おどり」が7/26、7/27の2日間華やかに開催された。大和駅前商店街が「50連・約2000人」の華やかな踊り手の熱気、威勢良い掛け声と、その壮観な踊りを見ようと集まった「30万人」とも言われる人出で街が包まれた。「人そして輪」今年のテーマのように踊り手と観客が一体となった。関東三大阿波踊りのひとつに数えられるだけのスケールの大きいまつりであった。(1407)Yamato_awaodori0001
踊るあほうに 見るあほう おなじあほなら踊らにゃそんそん・・・・Yamato_awaodori0227

 ⇒ 他の画像 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日曜日)

座間栗原会場のひまわり 咲き始める!!2014年

梅雨明けも間近、いよいよひまわりの季節となった。ひまわりは座間市の花、恒例の「ひまわりまつり」が、栗原会場では来週24日から、座間&四ツ谷会場では来月14日から開催される。栗原会場には10万本のひまわりが植えられているが、七月初に通過した台風の影響で倒されてしまった箇所がある。しかし生命力が強いのかたくましく黄をおびた蕾をつけているもの、すでに開花しているものもあった。全体的にはまだ1~2分咲きぐらいだろうか。まつり日ころには黄色いひまわりの回廊が見れるかもしれない。来月まで座間は55万本のひまわりの黄一色となり華やぐだろう。(1407) ⇒ 7/24まつり開幕画像Zama_himawari_poster
太陽に向かって咲くひまわりは夏の代表格の花である。美しい!

Zama_himawari_0001

まだ蕾の主役もスタンバイ中である
Zama_himawari5071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火曜日)

相模原麻溝公園アジサイフェア'14終わる!! 

今日は時折小雨降る中、ここ相模原麻溝公園において「アジサイフェア'14」が9時から始った。既に多くの人が訪れていた。先着200名に無料で「アジサイの苗が配布」されるということで長い長い列が作られていた。他にも「アジサイ鉢展示や販売」、「苗の販売」、「相談コーナー」、「園芸講習会」、「スタンプラリー」、「野菜販売」、「体験コーナー」、「フラダンス&演奏」などの催しものが行われ15時30分に終わった。先日訪れた日より更に開花が進み色とりどりの主役のアジサイたちが5つのゾーンで美しい姿を誇示しているように今日のフェアに色を添えていた。今週末までは楽しめそうである。(1406)Ajisai_fair1007

Ajisai_fair4106

Ajisai_fair4135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金曜日)

相模原麻溝公園 アジサイフェア’14 開花状況 その2

今日、関東地方も梅雨入り発表、いよいようっとおしい季節到来の気配であるが、アジサイ、ショウブたちには絶好の恵みである。ここ相模原麻溝公園には170種、6千株のアジサイが5ヶ所のゾーンに分けられて植栽されている。「管理事務所ゾーン」、「花の谷ゾーン」はまだ緑色した蕾状態だが「ヤエカシワバ」は白い花びらがいくつも広がっていた。また「フィールドアスレチックゾーン」は木立による日陰の環境から全体的につぼみ状態、中でも一番日当たりのいい「芝生広場ゾーン」と「樹林広場ゾーン」では白、ピンク、赤、青色のヒメアジサイ他が満開、見頃となっていた。日曜日(6/8)に開催される「アジサイフェア’14」を前に主役たちも開花速度をあげ、当日はもっとも美しい「花の世界」を創り上げてくれるに違いない。(1406)Asamizo_ajisai_0958

Asamizo_ajisai_0977

Asamizo_ajisai_0985

Asamizo_ajisai_3923

Asamizo_ajisai_3943

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原公園 水無月園「しょうぶまつり 2014」 開花状況 その2

相模原公園の西側にある「水無月園」(2327㎡)には、メインの東側と木立に囲まれた西側と明るい雰囲気の漂う円弧状のしょうぶ田がある。肥後系、江戸系、伊勢系など118品種26000株の花菖蒲が植えられており、15日(日)「しょうぶまつり」が開催予定である。東のメインの菖蒲田では江戸系がもっとも開花が早く「初紅」、「揚羽」、「江戸錦」、「エンチャンテッドレーク」他で15~20列が開花、肥後系の方は「磯千鳥」、「駒繁」、「淡雪桜」、「豊太閣」など10列程度、伊勢系は株分けを行ったことで「紅の糸」、「麦秋」他で数列に満たない状況。真ん中の菖蒲田はやっと一割くらい咲いている状況で、一番奥の菖蒲田はまだ蕾のものが多く一割にも満たない状況。全体から見ると一割に達しているかどうかである。10日後の「しょうぶまつり」は最も見ごろとなっているだろう!!(1406)Minazuhien_map
Minazuhien3962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木曜日)

相模原麻溝公園 アジサイフェア’14 前撮り

相模原麻溝公園には170種、6千株のアジサイが「管理事務所ゾーン」、「フィールドアスレチックゾーン」、「樹林広場ゾーン」、「花の谷ゾーン」、「芝生広場ゾーン」の5ヶ所のゾーンに分けられて植栽されている。6/8(日)にはこの市花「アジサイ」をテーマとした「アジサイフェア’14」が開催される。まだ全体的には蕾が膨らみかけている状態であるが、先週末頃から芝生広場ゾーンの白、青、紫、赤色のホンアジサイがようやく花びらを広げ始めている。まもなく公園全体が各種アジサイによって彩られるだろう。来週のフェアに向け主役のアジサイたちも懸命に開花速度を上げているようである。(1405)Asamizo_ajisai14
Asamizo_ajisai0929


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土曜日)

鎌倉文学館 バラまつり 2014

鎌倉市長谷に鎌倉にゆかりの深い文学、文士たちの作品や資料、記念品を集め展示する「鎌倉文学館」はある。昭和60年(1985)、旧前田候爵鎌倉別邸を改築して設けられた木造三階建ての洋館である。戦後内閣総理大臣佐藤栄作やデンマーク公使の別荘として使用された。庭園南側の600㎡のバラ園では世界各国の188種225株の色とりどりのバラが美しさを競い合うように咲きほころび見ごろを迎えている。5/14から「バラまつり」(6/3迄)が開催されていることから多くの人が鑑賞に訪れていた。赤、黄、白、紫と色とりどりのバラと青い洋館のコントラストは心惹きつけられる被写体ばかりである。(1405) Kamakura_bara_p1
Kamakura_bara1557p1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模台クリニック バラ祭 2014年

座間栗原の座間近代乗馬クラブ斜め前に「相模台クリニック」が植栽管理している「バラ園」がある。今日(17日)から「バラ祭」(22日迄)が開催されたが、約350坪の土地に200種600本のバラが見事に咲き誇り見頃を迎えている。園内は色とりどりのバラが旬の輝きを魅せバラ特有の甘い香りを漂わせていた。花の女王と称されるバラは2万種あるといわれているが一輪々の形といい、多彩な色といい、一枚々の花びらといい優雅で気品に溢れている。初日は園内でバラの販売も行われていて大勢の鑑賞客で賑わっていた。(1405) 他の画像Sagamidai_bara_3756a

Sagamidai_bara0891a

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木曜日)

相模の大凧まつり 「駿風」皐月の空に舞う!!

相模原の伝統行事のひとつ「相模の大凧まつり」が今日(5/4)と明日(5/5)の2日間、新磯地区の4会場(新戸、上磯部、下磯部、勝坂)で開催され、観客数も昨年(16万人)を上回る17万人(4会場/2日間)であった。相模の大凧揚げは新磯地区に伝わる風俗慣習で、もとは5月の節句の際に男児誕生祝って行われていた。歴史は古く江戸時代の天保年間(1830年頃)より継承されている相模原が日本に誇る祭りである。ここ相模の大凧、中でもここ新戸の「八間凧」は14.5m四方、950㎏というサイズで日本一を誇る大きさである。快晴の今日4日(日)は10時から開会式で会長の挨拶、市長の祝辞、新調「親綱」披露、大凧清祓い式、乾杯が行われ今年の「大凧まつり」(今年の題字は駿風)がスタートした。他の会場「勝坂」5.5間、「下磯部」が六間の大凧、またお隣の「座間」(座袈依橋)でも「陽駿」の凧(13m四方)が揚がっていた。ここ新戸会場は午前中は風も弱く、1回目の大凧が揚がったのは13:20であった。2回目が14:00、3回目は15:20で一番長く皐月の空を舞った。八間大凧を揚げる合間に三間と四間の凧が揚がり3回目では3個の凧の競演となり、日本一にふさわしい迫力満点の凧揚げを見ることができた。(1405)Sagamiohodako6872

Sagamiohodako0770

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原麻溝公園 クレマチスフェア’14 開花状況

230種、8000株と日本最多を誇るクレマチスの名所の相模原麻溝公園には、その園内のポール、アーチと外周フェンス沿いに植えられている「クレマチス」がいま色鮮やかに咲き誇り見ごろを迎えている。今冬の寒さにもめげすエネルギーを蓄え4月末から咲き始めたが、5月11日(日)に開催される「クレマチスフェアー’14」にはジャスタイミングのようだ。フェアを前に初夏を鮮やかに彩るその多様な色彩、花姿を魅せる「花の女王」の旬の輝きを撮る。もっともポピュラーな「柿生」、紫の「シルホーサ」、白紫の「ジリアンブレイズ」、赤ピンクの「ドクターラッペル」、青紫の「ビクトリア」、白と紫の「ジリアンブレイズ」、赤紫の「ラザスターン」たち。「人の喜び」、「心優しさ」がクレマチス(clematis)の花言葉だが、旅人には心癒され勇気づけられる花である。(1405)Clematis0001
Clematis0828
2clematis3468
2clematis0605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金曜日)

相模原公園のネモフィラが満開! 2014年

明日(4/26)から日曜日まで「スプリングフラワーフェスティバル」が開催される相模原公園ではクヌギゲートからみんなの花壇・きらめきの流れ付近園路の右側の丘斜面に45000株の「ネモフィラ」が今見ごろを迎えている。ネモイフィラはハゼリンソウ科の一年草で15cmほどの草丈に青や白い花をつける。一本々は愛らしい花であるが、これだけ丘斜面を埋め尽くし絨毯化した集合美は幻想的でまるで海原か、宇宙を見ているようでもある。なんとも心癒し和ましてくれる花だが花の命は短くて・・・で今月いっぱいで見納めとなる。(1404)Nemophila0401
Nemophila0408
Nemophila0409
Nemophila3294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水曜日)

引地川公園ふれあいの森のチューリップ 2014年

大和市草柳に公園入口の土手には見ごろを迎えそうな赤と白の「芝ざくら」がお出迎えしてくれる「引地川公園 ふれあいの森」はある。緑の木立の先の「ふれあい広場」脇にある大花壇には赤、白、黄、ピンクと行儀よく咲き誇っている13000本のチューリップが今満開を迎えている。その花壇に近寄ってみると甘い香りが匂ってくる。「博愛」、「思いやり」、「名声」が花言葉のチューリップの余にも美しく可憐な魅力に引き寄せられ、花撮好きのカメラマンや可愛らしい園児たちなど大勢の花見客で賑わっていた。(1404) ⇒次の画像 Hikijigawa0062
Hikijigawa0084
Hikijigawa0128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木曜日)

第10回 相模川芝ざくらまつり 始まる!! 2014年

春を満喫させてくれた桜からバトンを受け、今年も相模川新磯河川敷で「第10回 相模川芝ざくらまつり」が今月6日から20日(日)まで開催されている。渋田川から苗を譲り受け、河川敷1400メートル(日本最長)の「芝ざくらライン」作り上げ毎年多くの花見客で賑わう相模原の名所となった。訪れた日、まだ2~3分咲きであるが、上段と下段の二列の「芝ざくらライン」では、まだまばらな箇所見受けられる下段よりは、温かい日差しを多く受けている上段の方が開花が進んでいるようである。ピンク、白、赤の絨毯を敷き詰めたかのような美しい「芝ざくらライン」が形成され見頃となるのは来週あたりかも知れない。(1404)   ⇒ 次(4/14)の画像(6~7分咲き)Shibazakura1848
Shibazakura1886
Shibazakura3012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水曜日)

相模原の桜名所を巡る旅

春爛漫、桜の季節となった。今日は相模原にも何ヶ所ある桜の名所巡りの旅に出掛ける。すでに七か所は満開となり今最も華やいだ光景を見せている。この幻想的な美しさを見せる桜は人の心を、目を虜にし、いつまでも観ていたい飽きさせない不思議な魅力・魔力を有している。儚い桜の命、もう数日で桜吹雪となり、地面は桜絨毯で覆われる様もまた風情がある。(1404)                                             ①相武台相模原線の相模原浄水場の近くにある「下溝古山公園」はスポーツグランド兼雨水貯水池であるが周囲には50本以上の桜がまるでドームのように満開を迎えていた。Furuyama1727
②57号線/弥栄高校信号を右折した市道の「弥栄高校通り」は市役所さくら通りに劣らない桜並木・回廊を創り出しており美しい。Shido_yaei1731
③16号の右手にある「鹿沼公園」の桜は淵野辺の名所。池の周囲に植えられている桜が咲き乱れその重みかだろうか、しなるように池面に映し出されている。
Kanuma1746
④「村富神社」は矢部の鎮守、境内は満開の桜で埋めつくされており、中でも富山から移植されたコシノヒガンザクラは有名である。
Muratomi1754
⑤市の中心地「市役所さくら通り」では市民桜まつりが4/6開催される。既に本ソメイヨシノは満開を迎えていた。展望室から空撮してみた。Sgh_city1771
⑥相模原公園の裏にある「フィッシングパーク跡地」には白やピンク、赤、枝垂れといろんな種類の桜があり見事なグラデーションを形成していた。Fishing1790
⑦市最大の「相模原麻溝公園」では桜の本数はやや少ないながら他の樹木との彩り、美しさを際立たせていた。Asamizo2838

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日曜日)

恩田川さくら祭り 開花状況 その2 2014年

今日(29日)と30日に「恩田川桜祭り」(町田市)が開催される。あいにくの雨でせっかく開花した桜も萎んでしまいそうである。恩田川沿いに約400本のソメイヨシノの桜並木が2Kmに亘って続くが、そのうち一割くらいの本数のうちが川へせり出した枝には昨日までの温かい日差しを浴びて3から4分咲きまで開花が進み可愛らしい花びら魅せている。まだ全体的には蕾状態であるが、大分膨らみをまし今にも開花し明日には満開近くまで咲き揃うことだろう。開花して一週間という短い期間で散ってしまう桜、その命は儚いが薄紅色花びらを広げ桜回廊を創り出してくれる今まさに春爛漫なのである。(1403)Ondagawa1370
Ondagawa1389
Ondagawa1410
Ondagawa1391
Ondagawa1381
Ondagawa1398
Ondagawa1404

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金曜日)

都内の桜開花始まる!!

九段下駅に降り立つと微かに桜花の香り。奇しくも武道館では明治大学の卒業式が行われるようで正装した学生が集結桜の下で撮影中。25日、「靖国神社」の標本木で数輪の桜花を確認され都内の開花宣言がなされたばかり。ここ「千鳥ヶ淵お濠」、「緑道」も全体的には蕾状態、しかしお濠に張り出た枝や品川弥二郎像のそば、靖国通りの数本の木に白い可憐な花弁を広げた桜を見ることができた。ここ「千代田のさくらまつり」は3/28から4/6まで開催される。靖国神社の参道は祭りに向け出店の準備中であった。Chidorigafuchi1264
Chidarigafuchi1278

また「青山霊園」は少し膨らみかけて今にも開花しそうでいたが、まだ殆ど蕾状態であと数日は掛かりそうである。Aoyama1363
永田町へ足を延ばすと「弁慶橋」脇に数輪開花した一本があった。「清水谷公園」の池の脇にある一本は良い日差しを受け開花が進んでいた。Bebkeishimizudani1320

四谷外堀土手」はまだ蕾状態で数個膨らみかけていた。今週土曜日頃には都内の桜も見ごろを迎える予感。(1403)Chidorigafuchi1331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月曜日)

恩田川の桜 2014年 開花状況その1

恩田川には400本のソメイヨシノ桜が両岸を覆い尽くす桜の名所として知られている。今年2月には2回も大雪に見舞われ寒い日が続いたが、今月に入って20度近い暖かい日もあり少しだけ春めいてきた。「恩田川のさくらまつり」は今月29日(土)と30日(日)開催予定である。まつりを前にまだ早いと思ったが開花は如何かと行ってみると、一本だけ早咲きの木に数個蕾のものがあった。思わずシャツターを押した。気象庁の予報では25日か26日頃開花するのではと報じている。桜回廊、トンネル形成される祭りの日が今から待ち遠しい限りである。(1403)次の画像 Ondagawa520
Ondagawa6427
Ondagawa0789

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ボーノ相模大野 周年祭 始まる!!